語り部の威力① 2023年1月19日

ディズニーランドといえば、世界で最も有名なアミューズメント施設。子供の頃はあまり興味がなかったのか、行きたいと言ったことは少なかったな。どちらかというと、お城巡りのほうが好きだった。せっかくカリフォルニアに住んでいたのに、ついぞディズニーランドには行かなかった。ユニバーサルスタジオやマジックマウンテンは何回か行ったんだけどね。

東京に住んでいる頃、当時お付き合いしていた女性がディズニーキャラクターが好きだったので、行くようになった。千葉県に限りなく近い東京だったから、その気になればすぐに行くことが出来たのも大きいかもしれない。以来、暫くの間は2ヶ月に1度はディズニーランドに行っていた。結婚してからは少なくなったけれど、子供がある程度の年令になったら、再びよく行くようになった。

そんなある時。ぼくは、一見異常な行動に出たことがある。同じアトラクションに続けて何度も乗ったのだ。妻も子供は、別行動。ぼくだけが繰り返し同じアトラクションに乗り続けた。それがジャングルクルーズだ。

一時は年に数回も通ったディズニーランド。ジャングルクルーズに乗るのだって、その時が初めてな訳では無い。特別に乗りたいと思ったこともない。なにしろ、しょっちゅう訪れているのだ。ファーストパスも取らないし、そのためにダッシュすることもない。今日が駄目ならまた今度、といった調子である。それに、ぼくが好きなのはエレクトリカルパレード。これがメインだと思っていた節があって、アトラクションはそれまでの前菜みたいに捉えていた。乗ったら楽しいし、乗れなくてもまぁ、それはそれで良いかっていうくらいである。にも関わらず、この時だけはジャングルクルーズにドはまりして何度も繰り返し乗ったのだ。

実は、当時の職場の環境が影響している。前職なのだけれど、ぼくはとある通信事業者の社員だった。営業部に所属していて、大手量販店を担当していた。来る日も来る日も考えることは一つ。どうやったら、その店の自社製品の売上が伸びるか。ただこれだけ。

そのために、展示を工夫したり、イベントを行ったり、自社スタッフの教育を行ったり、はたまた関連商品メーカーとコラボしたり、様々なことをした。もちろん、独断で出来るものではない。店舗の責任者に提案して、協力を取り付けなければならない。社内の予算も獲得しなければならない。そんな日常だ。

ある時、関連商品とのコラボが当たった。急激に売上を伸ばしたことから、他の店舗でも同様のコラボを提案して面展開を始めたのである。あれこれと工夫を重ねていくうちに、マイクパフォーマンスが効果が高いことがわかってきた。わかりやすいのは、実演販売に近い形である。

はじめのうちは、パフォーマーは客寄せパンダに徹していた。コラボ商品の存在を知ってもらって、興味を持ってくれたお客様に対してスタッフが声をかける。ぼくもパフォーマーだった。ところが、ある週末はスタッフの手が足りなかった。詳細を説明してくれる人がいない。そこで、だ。大勢のお客様に向かって接客を始めたのである。面白おかしく喋りながら、それでいてちゃんと良さが伝わるように。引っ掛けるのでも騙すのでもなく、正しく良さをアピールすること。購入に必要な条件も、全て舞台上で伝えきる。

これが、ハマったのである。普段から企業担当者を相手に商談をしていた経験が役に立った。そもそも、ぼくは営業職になる前に量販店の販売員をやっていたのだ。販売経験もある。イケる。そんな手応えを掴みはじめたころだった。

そんなときに、体験したのがジャングルクルーズなのである。

1度目に乗ったとき、メチャクチャ面白かった。目からウロコだった。ちゃんとセリフが用意されているのだろう。どこまでもよく考えられた台本だと思った。これはスゴイ。なめててごめんなさい。もう一度、ちゃんとセリフに注目して聞きたい。ということで、2回めの搭乗となったのだ。2回目までは家族も付き合ってくれた。

ところが、だ。2回目は全然面白くないのだ。そりゃまあ、完全にネタバレしているから仕方がない。家族もそう言っていたし、ぼくも最初はそう思った。それにしては、同じ船に乗っている他のお客さんの反応が違いすぎる。一体これはどうしたことだ。案外大したこともなかったな、と思っているうちに、船はスタート地点に戻ってきていた。

アトラクションの乗り降りする場所は、乗り物が混雑する。ちょっとした渋滞になるのだ。降りるまでの数分間は、前後の船がくっついた状態になる。ちょっとばかり空気がしらけるタイミングだ。そこで、ぼくは驚くべき体験をした。ぼくの乗っている船の前と後ろの船の案内係が、丁々発止のやり取りを始めたのである。こんなことまで台本にあるはずがない。しかも、ジャングルクルーズの世界観を壊さずにである。合わせて3艘の客が一様に笑った。

思えば、前の船も後ろの船も、遠くから歓声が聞こえていた。同じセリフのはずである。事実、2回めの乗船でぼくが聞いた内容は全く同じだった。これは一体どういうことだ。同じセリフ、同じ台本で反応が大きく違う。この謎を体験するために、再びジャングルクルーズの乗車の列に並んだのである。今度は、僕一人で、だが。

今日も読んでくれてありがとうございます。もう、15年以上前の話。なんのきっかけだったか忘れたけれど、最近になってこの話をしたんだ。そしたら、喜んでくれてね。文章で残せばいいのにって言うから、書き始めたんだ。そしたら、序盤だけで長くなったのである。ということで、明日に続く。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

日本文化は多様な文化の集合体。2023年2月4日

昨日の続きです。 日本古来の日本らしさを考えるのならば、それは外来文化が強く影響するよりも前を見てみるのが良いと思った。けど、残念ながら、そんな時代の文献は存在しないのだ。なにせ、当時の文字による記録がない。もう、考古学的な調査が必要な世界だ。...

米の消費量の変化から見る「エネルギー」と「多様性」 2023年2月1日

世界中のほとんどの社会には、主食が存在している。日本における米のように、それを神聖視したり精神的にも質的にも重用しているケースすら、いくつも見られる。むしろ、近代以降のヨーロッパやアメリカのように主食がその絶対的なポジションから影を薄めているケースのほうが少ないように見える。...

マーケティングの心理技術 2023年1月31日

前職までに体得した技術や知見を放出するコーナー。というのを、勝手にやっている。先週までの「語り部の威力」もそのひとつだ。もう使わないんだけど、かつてやっていて、もしかしたら誰かの役に立つかもしれないという話を放出してみようと思う。で、今日はマーケティングの話だ。...