ゴミと土壌と温暖化。2022年12月16日

店の庭や駐車場などには、風に運ばれてきた落ち葉や枝などが集まっている。風の強い遠州の冬。雪がふることは無いけれど、吹き付ける風が冷たいのがこのあたりの特徴だろう。遠州の空っ風と呼ばれている。

商売柄、玄関も庭も駐車場もキレイにしておかねばならない。当然といえば当然だが、最近ちょっと考えてしまうことがある。この落ち葉や枝は、この先どこへ行くのだろうか。

ホウキで集められた葉っぱや枝は、外用のゴミ箱へ放り込まれる。こうして、文字にしてみると妙なものだ。たった今、葉っぱと呼んでいたものなのに、ゴミ箱に入った途端にゴミと呼んでしまうのだ。ゴミというのは、しょせんは人間が決めた概念でしか無いということを思い知らされる。

ゴミ箱に入れられた様々なゴミは、ゴミ回収業者が定期的に持ち去ってくれる。使い終わった割り箸、食べ残し、魚の骨、貝殻、食品のパッケージ。様々なゴミは、ごみ焼却炉で燃やされるはずだ。いろいろと分別して入るのだけれど、それでもその多くは燃やして灰になる運命だ。

燃やすということは、ゴミがエネルギーを持っているということだ。エネルギーがあって、熱によって酸化反応があるから燃える。であっているかな。このエネルギーをもったいないと感じ始めているのが、今回の話の主旨である。

当店で排出するゴミは、みんな土からやってくる。ゴミじゃなくても、生活の中のありとあらゆるモノは土からやってきている。野菜も紙も、もとを辿れば土だ。土が持っているエネルギーを植物が吸い上げ。それを人間や動物が食べる。その残りカスがゴミとなるのだ。

動物が活動するためにエネルギーを取り出すのは良い。それはそういうものだから。そうしなければ、動物は行きていくことが出来ない。問題は余剰エネルギーの行き先だ。エネルギーは保存されるのだから、必ずどこかへとたどり着く。辿り着く先が空気中なのか、水中なのか、土中なのか。その辺りを考えてみたい。

燃やすということは、エネルギーを空気中に放出していることにはならないだろうか。窒素も炭素も空気中に放出されているはずだ。何かが燃えると二酸化炭素が出る。空気中の酸素と物体の炭素が結びついているわけだ。そして、空気中の炭素量が多くなりすぎてしまって、地球温暖化問題が発生している。

地球上にある炭素の総量は一定だとイメージしてみる。何割かは地表にあって、何割かは埋まっている。地表のものは、物質として固定されている場合もあるし、生物にも使われているし、空気中に拡散している場合もある。埋まっているのは土中や海中。このバランスが変わると、環境が変わる。気候変動の一因にもなっている。つまりは、割合の問題。

これらを合わせて考えると、現代は地表側の炭素量が多すぎるのではないだろうか。同様にエネルギーが表に出すぎている。その結果として、温暖化を加速させてしまっているし、農業の根幹となる土壌が痩せてしまっている。

であれば、だ。せめて、余剰エネルギーを地中に戻すことで、多少なりともバランスを戻せるのではないかと思うのだ。

ホウキで集めた葉っぱや枝、生ゴミなどは、なるべく土に埋める。微生物たちの力を借りて、再び土のエネルギーにする。大気中のエネルギーを少し減らしつつ、少し土にエネルギーを戻す。そんなイメージ。

といったことを考えていたら、燃やすというのは、エネルギーを空中に放つという行為にも思えてくるのだ。

農家では、作りすぎた野菜を土に埋め戻すことがあるという。それがもったいないと言って、流通させようという動きもあるのだけれど、良いことばかりではない。市場に出回ったところで、それが的確に消費されなければ無駄になってしまう。また、ゴミになるのだ。それに、市場価格を下げる結果をも招きかねない。だから、次の作物を育てるために土にエネルギーを返している。そういうことだ。

改めて目の前の可燃物を見る。どうにかして、このエネルギーを土に返す方法はないだろうか。田舎であっても、なかなか難しい。土に埋めると言っても、どこに埋めるのか。土地は必ず誰かの所有物であるというのが、現代のルール。だから、勝手に土を掘り返してゴミを埋める訳にはいかない。だからといって、自己所有の土地の面積にも限界がある。いっその事、でっかいミミズのプールでも作って街中の生ゴミを放り込んでみたらどうだろうか。あっという間に、プールは足りなくなるだろう。そもそも、それだけの大規模な事業を行ったところで、経済の仕組みには乗らないのだ。利益を出すことが出来なければ、その事業は継続することが出来ない。どうにかして、資本を集めて経済の仕組みに導入することができれば、温暖化ガスの排出量を減らすことが出来そうな気がするのだが。はたしてどうだろう。ここまでの話は、直感による部分が大きい。専門家の知見をかき集めたらどうにかならないのだろうか。

今日も読んでくれてありがとうございます。ゴミ箱にゴミを捨てるという行為に、罪悪感があるんだよね。落ち葉なんて、人間が気にしなければそのまま放置しても良いくらいなんだもの。それを、わざわざ集めてきて焼却炉で燃やすんだからね。知ると、色々と考えることが増えるなあ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

日本文化は多様な文化の集合体。2023年2月4日

昨日の続きです。 日本古来の日本らしさを考えるのならば、それは外来文化が強く影響するよりも前を見てみるのが良いと思った。けど、残念ながら、そんな時代の文献は存在しないのだ。なにせ、当時の文字による記録がない。もう、考古学的な調査が必要な世界だ。...

米の消費量の変化から見る「エネルギー」と「多様性」 2023年2月1日

世界中のほとんどの社会には、主食が存在している。日本における米のように、それを神聖視したり精神的にも質的にも重用しているケースすら、いくつも見られる。むしろ、近代以降のヨーロッパやアメリカのように主食がその絶対的なポジションから影を薄めているケースのほうが少ないように見える。...

マーケティングの心理技術 2023年1月31日

前職までに体得した技術や知見を放出するコーナー。というのを、勝手にやっている。先週までの「語り部の威力」もそのひとつだ。もう使わないんだけど、かつてやっていて、もしかしたら誰かの役に立つかもしれないという話を放出してみようと思う。で、今日はマーケティングの話だ。...