デンデンムシ?カタツムリ? 2024年6月5日

幼児向けテレビ番組から聞こえてくる「でんでんむしむし、かたつむり」。そういえば、この生き物の名前は何だっただろう。でんでんむしなのか、それともかたつむりなのか。身近にいる割に、よく知らない。「角だせ、やりだせ、目玉出せ」というけれど、たぶん角も槍もないし、目玉だってどこにあるのかよくわからない。

調べてみると、どちらも生物学的な名前ではないらしい。陸に住む巻き貝のうち、殻を持つものの通称。つまり日常語。殻のないものをナメクジというとのこと。なんとなくそうじゃないかとは思っていたんだけど、やっぱり君たちは仲間だったんだな。

でんでんむしむし。は、元々「出ろ出ろ虫」、つまり「虫よ出てこい」と呼びかける言葉だったらしい。狂言「蝸牛」の中で、カタツムリよ出てこいと歌うシーンがあって、その時の囃子詞なのだそうだ。じゃあ、なんでまたカタツムリを探しているのかというと、主人に命じられたから。人間ほどの大きなカタツムリは長寿の薬になると考えられていたという。実物を知らない主人公は、ヤブで寝ていた修験者をカタツムリだと勘違いして、修験者にからかわれるというような話。

今ではカタツムリが一般的になったけれど、呼び名は地域ごとにいろいろだったようだ。マイマイという呼び名はうっかり外語由来だと思っていたけれど、そうじゃないらしい。柳田國男の蝸牛考では、「関東地方ではマイマイ、近畿地方では概ねデンデンムシ」という分布傾向が見られるという。方言だったんだ。

ちょっと調べてみるだけでも色々と面白い。

現代なら、ちょっと詳しく知りたいと思ったら簡単に調べられる。見たことも聞いたこともないことだって、なんでも検索して「こういうものなのか、ふむふむ」となる。身近で知っているものと比べて、どこが似ているとか違うとか、そんなことで知っているつもりになれる。

食の歴史をいろいろと調べては勉強しているけれど、ホントの意味では全然わかっていない。勉強すればするほどよくわからなくなってくる。研究者の方々が調査研究したものをもとに書籍化されたものは、それなりに僕でも解釈できる程度に噛み砕いてくれている。とてもありがたい。けれど、やっぱり昔のことは昔のことで、想像するしか無い。想像できないこともたくさんあって、実際のところどんな暮らしをしていたのかイメージしようとすると、ぼんやりと霞がかかったようになってしまう。

そもそも僕が想像できるイメージは、僕が知っていると思っていることをベースにしているのだ。映像や漫画、絵画などで描かれた風景。小説や資料に描かれた情景。現代の生活で触れることの出来るいろんなこと。だから、脳内の世界に現れる戦国武将はみんなイケメンや、いい味出している人になってしまう。そんなわけないだろうに。有名な武将の絵は見たことがあるけれど、どうもあの姿が動いているシーンをイメージしづらい。

わからないけれど、断片的な情報だけがやってくる。とても鼻が長くて、耳は大きな団扇よりもさらに大きくて、太い足をした巨大な生き物。現代人なら、すぐに象のことだなとわかるし、象の姿を思い浮かべる事ができる。さて、初めてこの情報に触れた人々はどんなイメージを膨らませたのだろう。

自分が生まれる前のことは、映像や写真で見ることは出来てもリアリティがない。親や祖父母から話を聞くだけでも、けっこう驚きを得ることもある。とうのは、書籍や資料だけでは得られない「ちょっとした情報や感覚」が、イメージしていたものと違うからなのかな。で、ちょっとだけ解像度が上がったような気がするのだ。

今日も読んでいただきありがとうございます。解像度を上げるためにはたくさんの情報と、それを組み合わせるのが大切だ、ってことなんだろうか。途方もない道のりだ。それを詠むことが出来るっていうのは、すごくありがたいことよね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...