兄弟姉妹は2人目以降の方がチャレンジング? 2023年12月24日

2歳にもなると、カタコトの日本語を駆使しながら家族とのコミュニケーションが出来るようになってくる。まだま覚束ないことも多くて、日頃から接している家族しか理解できないようなシーンもあるのだけれど、子供の成長を感じられることは喜ばしいことだ。

彼女には、3歳年上の姉がいる。このくらいになると、文法を持った文章で話すことが出来るようになる。経験的に、何をどのようにすれば周囲に思いを伝えられるかがわかり始めているようだ。おかげで、わがままが加速してくる。

二人を見比べてみると、どうも下の子のほうが物怖じをしない正確のように見える。それは自分にとって実行可能なことなのだろうか。というような逡巡が感じられない。えいやっと、突っ込んでいく。で、うまくいくこともあるけれど、痛い思いをしてしょんぼりしていることもある。たぶん、いろんな家庭でも似たうような現象が見られるんじゃないだろうか。

「出来る」という感覚。それから「こんなモノコトがある」という知覚。年の近い姉を見ることで、勇気づけられるのだろうか。親くらい年が離れていると、あまりにも違いが大きすぎて得られない感覚。

ある程度近い条件のヒトがやっていることは、自分にも出来そうな気がする。例えば、体格差や知識の差があって、条件を誤認していたとしても、本人が「それ良いな。自分にも出来そうだ」と認識さえしてしまえば、挑戦するモチベーションにはなるのだろうな。

もっと挑戦しよう。というような言説はそこかしこで聞く。企業内でもまちづくりでも教育でも。で、わりと精神論に終止しているように思える。最近の若いやつは気概が足りない。みたいな感じで。それって、たぶん幻想で、世代との関連は薄い。それに、気合一発という話でもないのじゃないかと思う。

多くの人は、失敗して再起不能になるかも知れないと思ったら挑戦しない。素人が命綱なしでビルの壁をよじ登るようなことはないだろう。とても出来そうにもないし、失敗すれば大怪我をする可能性が高いから。挑戦することが出来るとしたら、今からトレーニングをしてそのスキルを手に入れられた時。更に言えば、トレーニングをすることでスキルを獲得することが出来ると信じられるとか、そのトレーニングを続けられると信じられるといったことが大切なんじゃないかと思う。

自分の未来や、成長性、現在の能力、といったものを信じること。他人からは無謀に見えるかもしれないけれど、自分にとっては「出来そうだ」と感じることで挑戦が可能になる。という意味で、先行者の存在は大きい。

先行者がいるおかげで、失敗のリスクを低減出来るだろうし、どんなリスクがあるかを知ることが出来る。場合によってはリスクそのものを回避することが出来る。

明らかに怪我をするようなこと、例えば屋根の上から飛び降りるとか、炎の中に手を突っ込むなどといったことは、あらかじめ避けられる。何も知らなければ、一度経験するしかないのだけれど、先行者の経験を学べば回避できる。道を歩いているだけでも転んだり事故に巻き込まれるリスクはある。リスクがあるということを知っていれば、警戒することも出来るし、トレーニングやテクノロジーでリスクを低減出来る。

というようなことを考えると、先行事例というのはとても有用だと思う。姉妹や親子のように身近に先行事例があることもあるし、時間をかけて会いに行かなければならないこともある。書籍から学ぶしかないようなことも然りだ。

今日も読んでくれてありがとうございます。まだ2歳と少しの彼女は、早くもこのステップに足を載せている。先行者に学んで勇気づけられて、失敗して挫折したり、成功体験が挑戦を加速させたりする。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...