日本文化の「季節感」とはどんな感覚なのだろう。 2022年7月29日

日本人は季節感を特別視する傾向がある。あると思う。ちゃんとした研究を読んだわけでもなく、ただの直感だから性格なところは知らない。けど、あると思うんだ。

ファッション雑誌などを見れば、色んな国でのコーディネートが掲載されている。日本の雑誌だから、国内か海外でもヨーロッパとアメリカに偏っているんだけど。そういうのを見ると、ファッションの世界でもちゃんと季節感がある。当たり前だ。夏のプールサイドでダウンコートがおしゃれだという人はいない。暑苦しい。そういうときは、サンダルにサラッとした生地の服が定番。もしくは水着である。

もちろん、どの国の伝統料理を見ても季節感というものは存在する。まぁ、一年中暑いとか寒いところは偏るけれど。ある程度四季のあるところだったら、その季節にあった料理も食材も食べ方もある。というのは、当たり前だと言えば当たり前。

これが「その季節っぽさ」を「感じる」ために行われているのか。ここだ。海外から見たら行き過ぎているくらいの季節感のような気がするんだ。逆にぼくら日本人から見たら、海外の料理は季節感が薄いと感じる要因だとも言える。

あ、どちらが良いという話ではなくて、文脈が違うということを理解したいだけなんだけどね。なにせ、知っていることが限られているので、想像が大半を占める。まぁ、仮定に基づく考察を装った妄想である。

日本の食文化の中に、「ハシリ」「サカリ」「ナゴリ」という概念がある。もちろん、食材の季節感を表す表現だ。まだ早熟だけど、季節を先取りしたハシリもの。初鰹が有名だよね。タケノコだって、一番最初のころに生えだしたものをハシリ。冬場にいちごを作るようになったのは、流石にやり過ぎのような気もするけれどね。ま、それも一種のハシリかもしれない。

サカリは最盛期だ。最も多くとれる時期。つまり、魚でも野菜でも一番味が乗っているときだ。大抵の場合、最も美味しいのはサカリ。しかも安い。だってピークだもの。

ナゴリは、文字通り名残。旬の終わりごろから、終わったあとにチラホラと見かけるもの。最盛期に比べて味が落ちることも多いし、生産量は低下する。

これ、日本料理でメチャクチャ大切にされるんだよね。高級料理だとかそうじゃないとか、食材がどうとか関係なく。味の善し悪しは二の次になることも多い。季節感第一。

例えば「お、もうすぐ秋がやってくるぞ」という予感を楽しむ。まだ味がノッていなくても良いのだ。初鰹が登場すれば、ボチボチ夏がやってくるなということを感じる。最盛期の味わいを100点だとしたら、70点くらいで良いのだ。むしろ、70点であることが楽しいし趣がある。ハシリは100点の味じゃイケナイという観念すらある。

料理の味だけを考えたらムチャクチャだ。味だけを考えたら全部サカリが良いに決まってるじゃない。だけど、それはつまらないのよ。移り変わり。そう、季節は移ろうものだから、その変化を体感できることが贅沢なことなんだろう。

だから、サカリのAとハシリのBとナゴリのCを組み合わせるなんてことが普通なのだ。しばらくして、Bがサカリになって、Aはナゴリとなる。そして新しくDという食材が組み合わせられる。これで移ろいを感じるということもあるのだ。

季節感というのは、その日を点で捉えるように考えていた。だけど、こうして書き出してみると、点ではなくて流れなのかもしれない。そんなふうに思える。いや、両方なんだろうな。

桜が散る様は、桜が散る時期であるという点でもある。それと同時に、満開であった桜が変化していくという流れでもある。この両面で季節を捉えることが、至極の贅沢で豊かなことなのだろう。

と、勝手な考察だけれど。これをあらゆるジャンルに持ち込んで愛でてしまう。としたら、なんとぶっ飛んだ思考だろうか。究極的に行き着くところまで行っちゃった感があるよ。茶道の千家が活ける花は、自然の一部をポンと茶室に放り込む。人為的に加工したものを良しとはしない精神性。庭だって、あまりいじらないのも好ましいという。枯れ木も味わいがあって良い。雑草が生い茂っているのも風情がある。朽ちた茅葺屋根もまた趣がある。春はあけぼのだ。結局どの風景も季節も、全部良いよねって話になる。

それぞれのその自然な姿を「美しく感じる心」がある。これが日本文化にある季節感というものかもしれない。

そういえば、禅宗の書には独特の味わいがある。筆順やカタチなどにこだわらずに書くことを推奨されるのだとか。先日臨済宗の和尚さんに教えていただいたのだけどね。禅宗における書道では心の発露だから、本来ひとつのはずの点がふたつだったり、短いところが長かったりしても、そのように心が動いたのだからその通りにするということがあるのだとか。それを間違いとするのではなくて、そのような自然の心の動きを受け止めて、向き合うこと受け入れること。そのような考え方があるらしい。どこか、季節感と通じるものがあるようにも思えるな。

今日も読んでくれてありがとうございます。そういえば、茶道の先生が禅宗の和尚さんに書の解説をすることがあったらしい。掛け軸の書は、個々がどのように読み解くかという精神性を表したものだそうだ。このように読み解くものだと解説することは「しない」が正。そもそも、茶道の作法は、禅宗の振る舞いをわかりやすく形式化したものだ、禅宗の僧侶が振る舞うことそのもののほうが、茶道の作法よりも上位にある。上位というのは語弊があるな。そっちが大元ってことね。だから、茶道においては和尚さんは作法に縛られない。

そういう話を聞いたよ。もう季節感の話じゃなくなっちゃったな。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

いろんなサービスの奥行きを考える。 2022年10月5日

日本のサービスは「出来ません」と言うのが早すぎる傾向にある。そんな指摘を聞いた。元々のサービス設計にないことを求められた時に、けっこう早い段階で「出来ません」と言われることが多い。意外かもしれないけれど、マニュアルベースのサービス設計を行うアメリカなどのほうが融通がきくんだよね。検討した結果「No...

身近なプラスチック。2022年10月2日

飲食店をやっていて気になるのが、プラスチック。脱プラって言われてから時間が経過しているのだけれど、今のところこれに変わる方法が見つからない。現代の飲食店は、プラスチック素材なしでは成り立たないんじゃないかっていうくらいに浸透してしまっている。...

中学校での講話と、「学び」について思うこと。2022年10月1日

先日、地元の中学校へ行ってきた。講師として話をしてきたわけだけれど、職業講話というやつだ。地元の社会人を呼んで、中学生に「働くとはどういうことか」「大人たちとの接点」などをテーマにした取り組み。大したことを話したわけじゃないんだよね。普段何をやっているのかだったり、どんな考え方をしているのかだった...