喋りのクセ「セリフが多い」 2024年6月6日

エピソードを伝えるときに、会話文が多くなる。これはぼくのクセだ。会ったこともない人のことを想像して、その人が言ったかもしれないセリフを言う。見聞きしたことのある人物ならばモノマネということになるけれど、知らない人を演じるのはモノマネじゃないだろうから、なんというのだろう。

小説で言えばカギカッコの文章を再現する。それは、文章の内容だけでなく「しゃべりかた」や「声の特徴」などに情報が含まれているからだろう。という解釈を見かけた。なるほど、そうかもしれない。同じセリフでも、話し方によってずいぶんと伝わり方が違うものだ。

言語外の情報を半ば無意識に読み取って、それを正確に伝えようとするあまり「モノマネトーク」になるのかもしれない。

最近気がついたのだけれど、なにかを理解しようとしたときに短い動画や抽象化した図象を想起する、というクセがぼくにはあるらしい。インプットした情報が小説ではなくても、ぼんやりと映像を思い浮かべて認識している。ビジュアルシンカーと言うそうだ。ということは、言語はそれを表現するための手段といったところかな。ビジュアルシンカーだからといって、アウトプットまで絵や動画だということはない。

エピソードに限らないが、ショート動画や漫画のようにして解釈する。だから、伝えるときにもそのまま再現すればよいのだろうけれど、ぼくにはその術がない。絵もかけなければ動画も作れない。古い歴史の舞台を映像化するのは、素人にはなかなかむずかしそうな気もする。だけど、伝えたい。という思いの結果が、憑依型のセリフ。

落語を見るのが好きだっていうのも影響はしていると思う。別に笑わせようと思っているわけじゃなくて、情景を思い浮かべる手段として演技をしている感覚。たべものラジオの過去のエピソードで登場した根室県令が自らジャガイモを持って農家を各戸訪問した話。突然現れた県のトップに驚きと怯えと戸惑いがあっただろうし、一生懸命に説得する姿に心が動かされたことだろうと想像する。これを地の文で紹介してもいるのだけれど、拙いながらも演技をすることでより臨場感のあるものになる気がするのだ。なんというか。農民側の心情の変化が伝われば、その後ジャガイモ栽培に乗り出した人たちが増加していった経緯が見えてくるんじゃないかと。

あまり深く考えてやっているわけでもなくて。実のところ、興が乗ってくると自然にやってしまうところも大いにある。あえて、情報伝達という視点で自分の喋り方を見てみるとそういうことなんだろうと思うわけだ。

かといって、だ。なかなか難しいものがある。過剰に感性に訴えかけたり、無意味に具体性をもたせたりするのは、「伝える」という意味ではマイナスに働くようにも思える。話者として優秀な人や、専門的に学んだ人なら上手に使い分けられるのだろうか。ぼくなりには工夫して頑張っているつもりだけれど、どうだろう。ホントは、もっと余裕を持って構成を考えられたらいいのだろうけどね。

よく「8割は聞く」が良いとされているのだけれど、それだと成立しない局面もあるんだよね。というのは、以前営業の仕事をしていて感じたこと。ある程度は一方的に喋らなくちゃいけない場面がある。となると、「一方的に聞かされているのに退屈せずに聞いていられる」状況を作らなくちゃいけない。で、プレゼンなんかだと「結論から先に」と言われるけれど、エピソード的な展開のほうが伝わることもある。たべものラジオで、ぼくが「8割聞いて、結論から喋る」をやったら「あっ、そういうことか!」とか「もしかして、こういうことも言えるのでは?」みたいな気づきが減るかもしれない。

今日も読んでいただきありがとうございます。ぼくが「8割聞く」だったら、そもそも番組が成立しないよね。学校の授業も同じかな。まぁ、ぼくなりにボチボチ工夫しながらやっていくことにします。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...