想像力が繋ぐ物語。2022年9月13日

人間っていうのは、よほどの経験があったとしても自分以外のことはよくわかっていない。たぶん、本質的には一生かけてもわからない。すごく冷たいようだけれど、実際のところそうだと思うんだ。だってさ。お腹が痛いと言っていて、ズキズキだとかチクチクだとか表現してもらっても、ぼくの想像しているそれと同じかどうかなんてわからないじゃない。

わからないんだけど、わかったような気になっているだけ。というのがホントのところなんじゃないかな。だから、過去にツライ体験をしたことがある人のほうが人に優しくできるって、そういうことになるんだと思うよ。

それでも、わかったような気になっているだけなんだけど。

だからこそ、一生懸命想像するってことが大切なんだとも思うんだ。ホントのところは、全くわからない。だけど、なんとか自分の経験の中から近いものを見つけ出して、想像する。想像の中で体験してみて、少しだけ経験を共有した気になってみる。

そういうことが、自分以外の人を理解するということなんだと思う。

わからないものはわからない。それでも、わかろうと努める。わかってもらえなくても、努めてくれていることに感謝する。わかろうと努力することのもどかしさを、想像して共感する。

もう、ややこしいな。ややこしいが、そんなもんだろう。だいたい人間の感情なんてややこしい。

こういう考え方が常に出来ているのかと言われたら、そうでもないんだけどね。ちょっとイライラしちゃうこともあるし。なんだけど、気をつけてはいるんだよ。とにかく、相手のことを想像しまくる。想像しても、所詮は想像なんだけど、それでも頑張って想像してみる。そして、対話の中ですり合わせる。といのは、ぼくにとって長い間日常だったから。

営業職って、本来はそういうもんじゃないかな。ぼくにとっての営業職というのは、相手のことを本気で想像して、本気で寄り添うことが出来る人のことだ。あくまでも、ぼくにとっての、だけどね。売り場に立って接客販売をするなんてことは、これだけでいいくらい。自分が持っている知識がお客様の役に立つためには、このワンパターンで十分かなあ。

どうでもいいんだけど、この能力が高いとモテるんだよね。体験したことがなくてもある程度想像できちゃうから。そうすると、共感力が自然と高いように見えるんだよ。なんなら、先回りしてフォローすることも可能になる。と、どうなるか。「この人、私のことをわかってくれる!」ってことになる。

あんまり褒められたもんじゃないけどね。それに、諸刃の剣だし。異性とお付き合いすると、一緒にいる時間が長くなるよね。結婚したらもっと増える。つまり、常に相手のことを想像しまくるモードでいなくちゃいけなくなるんだよ。まぁ、そんなに苦ではないのかもしれないけど。ずっとその調子でいると、お互いにちょっとしたズレが気になりだすんだ。前はもっとわかってくれていたのに、最近はわかってくれない。心が離れているからかな。という、良からぬ方向へ進むことになる。恋愛で活用する人は、程々にね。

想像する。これは、ぼくにとって大事な思考方法だ。たべものラジオの何割かは、ぼくの妄想グセで出来ているのだ。世界史や日本史のように、確立された学問分野でさえ穴が開いているのが普通だ。証拠と証拠を繋ぐモノが発見されていないという穴がね。食べ物のルーツだとか、何が料理に影響したのかだとか、そんなものはハッキリ言って証拠がないのだ。だいたい、資料がメチャクチャ少ないのよ。だから、色んな角度から情報を集めて、一見離れ離れの事実を関連付けていくしかないんだよね。

ほんとに関連があるかどうかはさておき、もしかしたらこれとこれって繋がっているんじゃない?って「想像」するわけ。この人って、たぶんこんな性格だよね。だったら、こういう挙動しても不思議はないよね。というのも含まれる。で、そういう想像を働かせてから、離れた点と点を繋ぐ傍証を探しに行くんだよ。もちろん傍証すら見つからないこともあるけどね。そういう時は、状況をつぶさに観察して、さもありなんという仮説に仕立てていくしか無いんだけどさ。

今日も読んでくれてありがとうございます。現代社会でも、過去でも未来でも、「ホントのところはわからない」のだ。わからないから、お互いに離れた「点」として存在している。この前提に立って、想像力で点と点を繋いでいくんだろうね。まるで星座みたいだ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

友人との雑談からまちづくりの話。 2024年6月19日

地元の同級生に聞いた話。駅前商店街で商売をしていることから、商店街界隈のまちづくりや開発について、いろいろ思うところがあるという。先ごろも、関係各所との会合があって出席したのだけれど、周りを見渡したら自分が最年少であることに衝撃を受けたという。ほとんどの人が両親と同世代。...

なにやっている人ですか? 2024年6月18日

いろいろやっているから、自己紹介のときに困る。個別具体に説明すれば長くなってしまうし、かといって一言でまとめようとすると、うまく出来ない。先日友人から聞いた話。ざっくりとまとめると経営者なんだろうけれど、よくわかる。流動性があって雑多な業務の一つ一つに向きある。みたいなところがあるからね。...

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...