桜を愛でることと、思いを馳せること。誰かに心を寄り添わせるということ。 2023年3月31日

庭の桜が満開だ。一斉に咲き誇るその姿は、ずっとずっと日本人の心を捉えている。日本人にとっての桜は、少し特別なもののように感じられるのはなぜだろう。

桜そのものが美しい。それは間違いない。桃や梅と同じ様に、一本の木が華やかに彩られている様は荘厳ささえ感じるし、それが何本も立ち並べばその華麗さは数倍になる。満開の桜というのは、わびさびとは無縁のようにみえるけれど、その後にやってくる散り際は侘びの世界観でもあるのだろう。

満開の姿も美しいし、散り際も美しい。2つの異なった美しさが織りなす世界が心を捉えるのかもしれない。

感覚で捉える美しさを言語化するのは、少々無粋な気もするのだけれど、それもまた楽しみ方の一つと思えば良いかもしれない。

桜は、記憶を引き出す装置のようなところもある。日本では、暦通りの一年だけでなく、4月から始まる年度がある。小学生も中学生も高校生も、みんな出会いと別れの季節には桜が寄り添っている。終わりと始まりの季節だと言い換えても良い。

美しい桜と、ほどよく暖かな気候。そんな中で、見知らぬ人達と出会う。桜が散って葉桜になる頃に、見知らぬ人たちが友人になっていく。何度かの桜の季節を越えて、また桜の下で分かれる。別ではなく分という字を使ったのは、それまで一緒だった道からそれぞれの道へと分かれていくという感覚があるからだ。道を分かれたとしても、それが今生の別れではなく、友人のままである。ということを、どうやら桜に象徴されているのかもしれない。

景色や匂いや音は、ぼくらの記憶と直接結びついている。同じか似たようなそれらに再会すると、記憶の底から懐かしい景色が立ち上ってくる。そして、その頃の感情を味わうことになるのだ。過去の感情が湧き上がってくるのだけれど、どこか冷めたような、俯瞰してみているようなところもある。当事者ではなく、自らを傍観しているような感覚。

それなりに歳を重ねると、呼び起こされる記憶が多くなってくる。40回ほどの桜に関わる記憶が重なり合う。一つ一つのディテールを思い出すことも出来るだろうけれど、桜を愛でている時にはそんなことはしないだろう。いくつもの思い出が重なったところに、湧き上がる言語化出来ないような感情がある。それは、シングルオリジンのようなシンプルな味わいではなく、複雑な奥行きのある味わい。

もしかしたら、ぼくらは桜を通してそういった感情を味わっているのかもしれない。

平安時代のはじめころまでは、花といえば梅だったらしい。菅原道真にまつわる飛梅伝説などがわかり易い例だろう。100年後には、梅よりも桜を和歌に編むことのほうが多くなっているのだから、どうやらこの間に桜に宗旨変えしたのだろうということがわかる。

なぜかはわからない。ただ単純にブームだったと言うだけのことかもしれない。

日本の文学や絵などのアートは、どれもこれも一つの美意識に向かっているらしい。そのようなことを松尾芭蕉が日記文学の中に書き残している。千利休は茶の湯、西行は和歌と、別々の道を進んでいるのだけれど、その行きつく先には同じものがあって、自分もそこにたどり着くのだという芭蕉のはなし。旅を通して、自然に触れて描き出すものは、自然を愛でるという美の世界。

奥の細道は、西行の没後500年だったことから、西行の足跡をたどる旅の記録だという。記録というのは正確ではないかもしれない。旅から帰って来てから、数年の時間をかけて編み上げた文学作品だから。とにかく、尊敬する西行の足跡をたどることが芭蕉にとって大切なことだったのだ。

前人未到の何かを成し遂げたり、だれも知らないところへとたどり着く。それも楽しみの一つだろうけれど、先人の足跡を辿って、景色などをきっかけにして思いを馳せることも楽しみなのだろうと思い至る。芭蕉がそうであったように、ぼくらも自分自身の過去に思いを馳せる。

こうした行為が、ぼくらの文化では旅に対する向き合い方であったのかもしれない。そう言えば、観光旅行では史跡などを訪れることが多い傾向にあるという。アトラクションもアミューズメントもあるのだけれど、やはり史跡をたどることがとても多い。だから、日本の観光業は史跡に偏るのかもしれない。

旅行に行って、どこかの寺や遺跡に立ち寄ったときには、桜を愛でるように当時の人たちの記憶にアクセスしてみると良い。知らない誰かと繋がったような錯覚を味わうだけでも、それはそれで美しい人の営みだとおもうから。

今日も読んでくれてありがとうございます。思いを馳せることは、その人や事象に心を寄り添わせることなんだろうと思うんだ。理解することは出来ないけれど、理解しようとする姿勢ではある。それって、ぼくらにとって大切なことなんじゃないかな。生活の中に、そんな心の動きが沸き起こるようなデザインが組み込まれているとしたら、なんて素晴らしい文化なんだろうと思うよ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...

半世紀前のレシピを見て気がついた野菜のはなし。 2024年4月10日

当店では、過去に提供した献立の記録がある。といっても、その全てを記録してあるわけじゃないけれど、ざっくり半世紀におよぶ献立の記録があるのだ。前菜はどんなもので、椀物や焼き物の中身がなにか。焼き魚に添えられるものなども、大まかに書いてある。大学ノートに書いてあるから、パラパラとめくって眺められるのは...

「実は」煮物は簡単。バイアスの解除。 2024年4月6日

煮物は、難しいとか手間がかかるとか時間がかかるというイメージがあるらしい。気持ちはわからなくもないのだけれど、実際はそんなことはないのだ。鍋に水を張って、具材を煮る。で、好きなように味付けをすれば良い。炒め物のように焦がしてしまう心配も少ないし、揚げ物のように油の処理を心配する必要もない。オーブン...