歴史を変えるほど「欲しがられる」のはなぜだろう。 2023年12月2日

食の来歴を見ていくと、ある一定の食材が世界的に流行するという現象があることがわかる。それも、短期的な流行ではなくて、長い時間をかけて「多くの人が欲しがるもの」が成立していくのだ。

これまでに取り上げてきたものは、どれもこれも該当するのだろう。フグや梅干しなどは世界史で見ればマイノリティーではあるけれど、長らく食べ続けられてきたのだから、それなりに沢山の人が欲しがってきたのだろう。

ずっとずっと、なんでかなと思っている。一定の食材に収斂していくように見えて仕方がないのだけれど、そういうものなのだろうか。

不足している栄養素を含む食材を欲しがる。というのは、解のひとつではある。疲れたときに甘いものを食べるとより美味しく感じるとか、汗をいっぱいかいたら塩分は多めのほうが美味しく感じるなんてことは日常でもある。高校生のときに飲んだあるスポーツドリンクは、普段はあまり美味しいとは感じなかったのだけど、なぜか部活の後に飲むと劇的に美味しいと感じたのを覚えている。

だから、炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素の観点から、自然と体が欲するものが人気になって需要が高まるというのはあるだろうと思っている。

一方で、それだけじゃないだろうとも思うのだ。糖質も脂質も、現代では摂取量が多すぎると言われている。過剰摂取ならば、これ以上はいらないよという信号が発せられるのが自然じゃないだろうか。至福ポイントの話をしたが、ぼくらの脳は、そんなに賢くないのかもしれない。

もしかしたら、もっと太ったほうが生存戦略的に有利だというのがあるのかもしれない。だとすれば、メタボリックシンドロームは病気ではないことになる。個体の寿命にこだわり過ぎと言われればそれまでか。話がそれた。

美味しいと感じるのは、栄養摂取だけじゃない理由がありそうだと思えてしまう。ゴマもニンニクも、その他いろんなスパイスも、栄養としては大切なものを持っているけれど、ぼくらは「香り」を良いと感じている。良い香りのものは、多くの人が欲しがる傾向が見られる。そういえば、コーヒーもお茶もそうだ。醤油が焦げた匂いも、お腹が空いてくるのはぼくが日本人だからだろうか。

栄養素の存在を香りが知らせてくれる、と解釈するのが良いのだろうか。じゃあ、毒のある植物が美味しそうな匂いをさせるのはどういうことだろう。毒以外の部分が栄養だということなのか。

もっとシンプルに考えてみよう。玄米や全粒粉パンよりも、白米や白いパンのほうが人気が高いのはなぜだろう。栄養素だけを考えれば前者のほうが良いはずだ。

アフリカの伝統的な主食に練り粥がある。ソルガムなどの雑穀の粉を水に溶きながら鍋で練る。そばがきみたいな感じ。ほかにも雑穀のクレープみたいなものもある。今、スーダンではパンが人気になっていて、練り粥の消費量が少なくなってしまっているらしい。栄養価では練り粥のほうが高いのに。きっかけは、アメリカの政治や経済戦略だったはず。だとしても、「美味しい」と「栄養・健康」がイコールで結ばれていれば練り粥に軍配が上がっても良さそうなものだ。

まとまった結論があるのかどうか、わからない。いまのところ、グルグルと思考が巡るばかりだ。世界中の食を偏らせるだけのパワーがどこにあるのだろうか。そんなことを考えなければ良いのかも知れないけれど、この疑問のせいで「ゴマの歴史」はまとまりがない。ヒントを集めるために周辺情報を色々とかき集めては、あーでもないこーでもないとやっている感じかな。

今日も読んでくれてありがとうございます。なにかスパッと解を求められたら良いのだけどね。初期に比べると、「わからないから、一緒に悩もう」みたいな感じの話が多くなってきてしまった。解釈次第なんだろうけど、まだしっくり来ていないんだよなあ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...