牛と人間のおいしい関係。 2023年8月17日

まだちゃんと勉強していないから、大したことは言えないのだけれど、ふいに思いついたことがある。人類にとっての「牛」って、なんだろうって話。

周知の通り、牛は人類との付き合いの長い動物だ。牛乳は、とても多くの産物を生み出してきたし、特定の人たちにとってはその肉が貴重なタンパク源となってきた。ある時から、一般に広く牛肉を食べるようになったわけだ。

牛は食用となるだけでなく、労働力としても活躍してきた。牛車のように車を引っ張ることもしたし、古代の戦闘では巨大な戦闘機械を運ぶ仕事もした。もちろん、農耕においては、田畑を耕したり生産物を運んだりと大活躍である。

色んな場面で活躍してきた牛なのだけれど、彼らが人間と一緒に暮らしてきた背景には、食料の分散が影響しているのじゃないかと、ふいに思ったんだ。特に根拠はないのだけれど、そう思えたというだけの話ね。

牛の主食は、草だ。牧草とかワラとか、乾草とか。そういった草を食べる。人間にとってはどんな調理をしても食べることが出来ないようなイネ科の植物の葉っぱをムシャムシャと食べる。イネ科植物の葉っぱは、ケイ素が多く含まれていてガラス繊維みたいになっている。草むらを歩いていると、うっかり体を傷つけてしまう事があるけれど、あのやっかいな切れる葉っぱだ。ススキみたいなものもそうだし、稲わらや麦わらもそうだし、とうもろこしの葉っぱもそうだね。仮に柔らかく煮炊きしたところで、これは人間では消化できない気がする。

人間が食べることが出来ないものを、体内発酵の力を使って食べているのが牛とかヤギとか羊という、偶蹄目の仲間たち。牛もヤギも羊も、人類との付き合いが長い動物ばっかりだ。

彼らは、人間にはどうにもならない植物を主食として生きていく。だから、お互いに食料を取り合う必要がないとも言えるんじゃないかと思うんだ。米や麦の実を人間が食べて、葉っぱや茎は動物が食べる。ちゃんと棲み分けが出来ている。しかも、人間が食料に出来ないものを、食料に加工してくれているとも言える。ミルクもそうだし、肉もそうだ。と、こんな言い方をしたら動物愛護の観点から見たら叱られそうな気がするけれど、農耕という意味においては、ある種の加工機械にも例えられるかもしれない。

人間にとっては食べることが出来ない植物を、食べられる形に変換してくれる動物。そういう側面があるから、人類は長いこと生活をともにしてきたのかも知れないな。もちろん、偶蹄目の動物たちが人間のために進化してきたわけじゃないから、たまたま都合が良いパートナーだったということだろう。なんなら、人間の都合で勝手に繁殖を助けてくれるという意味では、動物にとっても都合の良いパートナーと言えるかも知れない。

牛の飼料は草が基本だけれど、けっこう他のものも増えているよね。とうもろこしとか大豆とか。こうなってくると、人類の食料と重なりが大きくなってきたように見える。これは、どういうことなんだろうか。

人間が食を食料としてだけではなく、楽しみとしてその味を求めるようになったことが原因なんだろうなあ。マグロの養殖には、多くの小魚が餌として必要なんだけど、実は餌になっている小魚をそのまま人間が食べたほうが食糧生産効率も栄養摂取効率も良いという話もある。美味しいものを食べたいという欲求のあまり、エネルギー循環を悪化させているんじゃないかっていう議論もあるらしいんだ。

なんとなく、重なって見える気がするんだけど、どうだろうか。

今日も読んでくれてありがとうございます。結論はないんだけどね。ちょっとだけ気になっているんだ。ぼくらみたいな料理人は、割と食を娯楽として扱う世界で仕事をしているんだけど、それもバランスが求められるんだろうなって。無いなら無いなりに、美味しいものを作るというのも職能の一つだろうしね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...