相手に合わせて話し方を変えるのは、人間相手だけじゃない。 2023年9月30日

話しかけるだけで応答してくれるテクノロジーがあちこちに登場しているよね。アップルのSiri、アマゾンのアレクサ、グーグルの検索も音声対応しているし、ChatGPTは話題を独り占めにした。ケータイに初めてインターネットが搭載された頃を思えば、なんとも凄まじいほどの進歩である。

その上であえて言うけれど、AIによる音声対応はまだまだ子供なのだろうとも思う。

子供っぽいというのは、回答の内容ではない。おそらく、人間が子供っぽいと感じているのだ。

音声認識のマシンに話しかけるとき、どのように喋っているだろうか。本当に、家族や友人と話すときと同じように話しかけているだろうか。答えはノーという人のほうが多いんじゃないかな。なるべく単文で、ちゃんと文末を曖昧にしないではっきりさせる。などという工夫をしているだろう。少なくとも、僕に関してはそうだ。どんなに自然に話そうと思っていても、つい「コンピューターに話しかけるための話し方」というのをやってしまうのだよ。似たような経験を持っている人もいるんじゃないだろうか。

相手に合わせて話し方を変える。というのは、人間同士の間でもよくある。というか、それが基本だろう。とある内容について詳しい人同士なら専門用語なども使うが、詳しくない人に伝える場合は例え話などを使って工夫する。相手が小学生や幼稚園児ならばどうだろう。子供に伝わる話し方をするのじゃないだろうか。立ち話ならば、大人はしゃがんで目線の高さを合わせるし、一人称は相手は子供の立場で話す。「ぼく」というのは男の子を表しているし、私のことは「おじさん」と表現するかもしれない。

僕らの会話は、思っている以上にハチャメチャだ。普段文字起こしすることなんて無いだろうけれど、会話をそのまま文字起こししてみるとよくわかる。主語と述語はてんで噛み合っていないし、だらだらと文節は長くなる。文末までちゃんと喋っていないときは、雰囲気で察してもらおうという魂胆がある。

ポッドキャストでは、なるべくそのようなことがないように気をつけているつもりだけれど、それでもハチャメチャである。ポッドキャストを文字起こししてくれるサービスがあるので、それを使ってみるとよく分かる。本編はまだマシだけれど、雑談中などは書き文字としてはデタラメに近い状態になってしまうのだ。

日常会話に至っては、もっとハチャメチャだろう。文法なんてものを意識して話すなんてことはなくて、感覚で使っているだけ。文節が途切れること無く続いて、主語と述語が噛み合わないなんてことは日常の出来事である。それでも、ちゃんとコミュニケーションは成立しているのだ。

つまり、日常会話と同じようにコミュニケーションが取れないということを、ぼくらはAIに対して感じているのかも知れない。どれだけ素晴らしい内容を回答してくれても、それは自然なコミュニケーションには感じられないのかも知れない。

これは、私達人間がどう認識しているかという問題だと思う。まだまだ、ぼくらが合わせてあげなければ行けない相手だ。そのように感じているということだろう。

ちょっと掘り下げて考えると、怖いような気もする。というのも、ディープラーニングをベースにしているAIは、「話しかけられる言葉」と「ネット上の多くの言葉」から成り立っている。もちろん、それだけじゃないだろうけれどね。何が怖いって、それらの言葉は「自然な会話」じゃないんだよね。多くが、インターネットに人間が合わせた言語、なんじゃないかな。

こうして書いている文章だって、明らかに「誰かに見られること」を意識した「書き言葉」だ。匿名のSNSで、文字数制限がある場合はさらに変化するだろう。文脈などすっ飛ばして、簡潔に書く。だからこそ炎上するリスクがあるのだろうけれど、それもAIの元データの一部になりうるんだよね。その辺りのことも考慮したディープラーニングが行われるんだろうけどね。

素人による素人意見だから、ホントはもっとちゃんとしていて、どんどん進歩してくのかもね。それはそれとして、人間の認識の変化を促すようなことも考えなくちゃいけないんだろうなあ。

今日も読んでくれてありがとうございます。もっと人間っぽく、ハチャメチャな文章で音声回答してくれるようなAIのほうが良いのかな。なんとなく、話しやすいって感じるような、ね。ホント、人間ていうのは合理的なことを追い求めるくせに、合理的すぎると、とっつきにくさを感じちゃうってことがあるんだろうな。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...

半世紀前のレシピを見て気がついた野菜のはなし。 2024年4月10日

当店では、過去に提供した献立の記録がある。といっても、その全てを記録してあるわけじゃないけれど、ざっくり半世紀におよぶ献立の記録があるのだ。前菜はどんなもので、椀物や焼き物の中身がなにか。焼き魚に添えられるものなども、大まかに書いてある。大学ノートに書いてあるから、パラパラとめくって眺められるのは...

「実は」煮物は簡単。バイアスの解除。 2024年4月6日

煮物は、難しいとか手間がかかるとか時間がかかるというイメージがあるらしい。気持ちはわからなくもないのだけれど、実際はそんなことはないのだ。鍋に水を張って、具材を煮る。で、好きなように味付けをすれば良い。炒め物のように焦がしてしまう心配も少ないし、揚げ物のように油の処理を心配する必要もない。オーブン...