言葉遊びと食文化。2022年11月1日

日本料理には、ダジャレというか言葉遊びがとても多い。日本料理という言葉を使うと、なんだかフォーマルな様式のように感じてしまうけれど、もっと身近な存在なんだろうな。日本人にとって、普段の食生活の中にはたくさんのダジャレみたいなものや、言葉遊びが含まれている。でもって、あんまり違和感なく生活しているのだから面白い。

刺し身のことをお造りということがある。これは験担ぎだろうね。ホントなら「魚肉の切り身」なんだ。けれども、切るとか刺すっていうのは「殺生」をイメージして印象が良くないってことで、造り身。包丁師が魚の身から作り出した料理という意味合いを強くしている感じかな。

スルメのことを「あたりめ」なんて言い換えもするよね。スルという言葉は、どうにも銭をスルようで縁起が悪い。クジで銭をスルよりも当たる方がいいじゃねぇかって発想だから、どこか江戸っ子の言葉遊びのような印象がある。昭和の時代には、勝負と後の前日には「カツ丼」を食べるという習慣が生まれたよね。勝負にカツという験担ぎ。

どうも、日本人というのは古い時代から言葉遊びのようなことが好きみたいだ。好きというか、文化だろうね。

正月に飾る鏡餅を食べるときには「鏡開き」という。丸い餅を鏡に見立てるのはまだいいとして、切るのでも割るのでもなく開くという。こうした言い回しは、かなり古い時代から有るようだ。同様にして、喜ぶに掛けて昆布、めでたいという意味で鯛を珍重してきた。他にも勝栗の栗とかね。

近世以降になると、料理書を読むのも苦労することが有る。当て字やら言葉遊びが増えてくるのだ。メジャーどころだと、御造里。「り」なんか送り仮名なんだから、ひらがなでいいじゃん。そもそも、漢文だったら送り仮名など無いのだから「造」の一文字でも良さそうなもんだ。

言い換えも苦労するよ。有りの実なんて、知らなくちゃわからないんじゃないかな。果物の梨のことだ。献立表を書いたときに「水菓子:なし」と書くと、デザートは無いよっていう意味に見えるからだって聞いたことがあるんだけどね。これも縁起が良いとか悪いとかの話だろうと想像している。そもそも、献立を書き出してお客様に見せるようになったのはずいぶんと新しい文化のハズなんだよね。19世紀から20世紀にかけて誕生したもの。献立というのは、厨房における指示書だったり、後の参考のための記録書だったりする。史跡の建造物、生花、アート、なんでも良いけれど裏方の指示書を見せることって無いでしょう。映画の台本を公開しているようなもんだからね。というのが、元々なんだけどさ。

職人同士の遊びだった部分もあるかもしれない。吉野、丸十、有馬、利休、十三里。これ、全部食材のことなんだけど、わかるかな。吉野といえば葛。丸十は薩摩藩島津家の旗印のこと。転じてさつまいも。有馬は山椒。利休は千利休のことなのだけれど、ゴマを用いた料理を得意としたことからゴマを意味するようになった。それから、十三里もさつまいもだね。その甘さが栗に匹敵するか、超えるほどだっていうことで「栗よりウマイ」となり「九里四里うまい」と遊んで、足し算して十三里。こんなの知らなくちゃ絶対にわからないよ。

店の看板に用いられるケースも多かったみたい。そう考えると職人同士だけの遊びというわけでもないのか。言葉遊びを粋だねぇと面白がる風潮があったんだろうね。寿司という文字は、ウケ狙いのスシ屋の看板が最初。いまでは、寿司が正式な文字表現みたいになっているけれど、そんなもんじゃないんだ。昭和の暴走族が壁に「夜露死苦」とか書いていたのと大差ない。どっちも予測変換で候補に上がるんだから、ずいぶんと浸透したもんだ。

今日も読んでくれてありがとうございます。ちょっと真面目な話をすると、こういった言葉を使った遊び。言い換えだったり、縁起の悪いものは避けるという思想は、万葉集の時代にはすでに定着していた。いわゆる言霊思想だね。言霊が真実かどうかはさておき、長く信じられてきたことだし、日本語はこの思想をベースに作られていると言われている。面白いよね。いつか、ちゃんと勉強してみようかな。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

再発見なのか。それとも再構築なのか。 2023年10月3日

日本料理や日本文化、日本の伝統って一体なんだろう。いろいろと勉強すればするほどわからなくなってしまうんだ。豆腐はたしかに日本の伝統食品だと言われているのだけれど、元々中国のものだし、日本以外のアジアの国々では広く食べられている。日本式という冠をつけるのなら、日本独自の文化ってことになるのだろうか。...

思ってたんと違う。直感と合わないことと向き合うと、Unlockされる快感に出会う。 2023年10月2日

随分と前のことだけれど、興味本位で参加したセミナーの話。子供のための食と食育というようなことがテーマだったかな。その場にいた男性はぼくひとりで、たいていは小さな子供連れのお母さんたち。講師かつ主催者は、自称料理研究家で健康食を主に取り組んでいらっしゃるのだという。特に専門的に学んだわけではないとお...

シェアリングはどこまで拡張できるのか。 2023年10月1日

近年は、なにかとシェアの精神が発揮される社会になってきた。富を独占するのではなくて、みんなでシェアする。知識もシェアする。イギリスの王立協会も、フランスの王立パリ科学アカデミーもフィレンツェ実験学会も、科学知識のシェアという精神が働いていたのだと思う。互いの知識を共有することで、自らの発見を発表し...

相手に合わせて話し方を変えるのは、人間相手だけじゃない。 2023年9月30日

話しかけるだけで応答してくれるテクノロジーがあちこちに登場しているよね。アップルのSiri、アマゾンのアレクサ、グーグルの検索も音声対応しているし、ChatGPTは話題を独り占めにした。ケータイに初めてインターネットが搭載された頃を思えば、なんとも凄まじいほどの進歩である。...

「弱」という名を与えられた楽器。 2023年9月29日

「ギガが足りない。」という表現があるらしい。意味はわかるのだけれど、違和感があるんだよなあ。ジェネレーションギャップなのだろうか。いやいや、ギガって単位ですらない。日本語で言えば「億」とか「万」とかの桁でしかないのだ。「億が足りない」「万が足りない」と言っているのと同じってことだよね。...