天井のムシに気がつく目線。 2023年9月8日

幼い娘と一緒にいると、いろんな発見があって面白い。先日もそうだったのだけれど、天井に虫がいるのに気がついたのだ。

天井に張り付いたそれは、小さな小さなクモだったのだけれど、家の中にクモがいる事自体は特に珍しいわけじゃない。我が家のように、周囲を自然に囲まれた環境であれば、時々ムシが入り込んでしまうことはあるんだから。

大抵の場合、一番最初に気がつくのは娘なのだ。ということが興味深い。

なにも娘だけがキョロキョロと周りを見回して生活しているわけじゃない。ただ、上を見上げる機会が多いのだ。キョロキョロするまでもなく上を見ている。大人が立っているだけで、彼女はぼくらの顔を見るために見上げなくちゃいけない。洗面所の鏡だって、なんとか自分の顔を見ることができる程度の身長だから、角度的に天井や壁の上の方が写って見えるのだ。

基本的に社会というのは大人に合わせて作られている。だから、子供たちの小さな体で世界を見渡せば、全てが高くて巨大に見える。もしぼくらが巨人の世界に飛び移ったら、彼らの体が大きいことにも驚くかも知れないが、あらゆる建物や家具や道具が大きくいことに驚くことだろう。その世界で生きていくことは、きっと不便でもあろう。

そんなふうに想像してみると、子どもたちにとってのこの社会は、よそ者っぽく感じるのかも知れない。もちろん、生まれたときから小さいわけで、大きくなったことなど無いから自覚がない。そういうものだと思って生きているだけだろう。ただ、大人向けに作られた世界におじゃましている、仮住まいしているというようにも見えるんだ。

レイヤーを少しずらすと、ぼくらも仮住まいかもしれないという気がしてくる。なにしろ、僕らが生きるこの社会は、ぼくのためにカスタマイズされているわけじゃない。きっと、誰かにとって過ごしやすい仕組みになっているのだろうけれど、それは一体誰なのだろう。

古い家屋だと、現代人にとっては天井が低いと感じることがある。ぼくは特別に背が高いわけじゃないけれど、鴨居が低くて思わず首を引っ込めたくなることだってある。当店に備え付けられた靴箱には、時々靴が収まらないこともある。総じてみんなが大きくなったのだろう。

つまり、システムが古いままだと過ごしづらさというか、不便さを感じることがあろうということである。

長年培ってきた伝統も、仕組みも、どこかで少しずつ変化が必要なのだろう。まるっきり変えてしまうのではなくて、ほんの少しでいいから現代に合わせてカスタマイズする。昭和後期の社会に合わせて作られたモノや仕組みは、人口増加や、経済が右肩上がりであることが前提になっていることもあるだろう。もうすでに人口は減少トレンドになっていて、今後30年間で3000万人ほど減ることがわかっているのだ。だとすれば、その社会に合わせてカスタマイズが必要なのだということになる。

最近、若者と高齢者とを対立構造で捉える向きがある。それは、もしかしたら上記のような構造があるのかもしれない。ちょっと住みづらいので、もう少し時代に合わせて変えませんか?という人たちと、いやいや、今のやり方で良いのだから、君たちが合わせなさい。という人たちの感覚のズレ。

まぁ、年齢で区切ることにあまり意味はないと思っているのだけれど、傾向としてはそうじゃないかと思ってね。

今日も読んでくれてありがとうございます。子供は、どうせ大きくなるんだからってことで、大人に合わせたサイズにしておいたほうが、コストが低いんだろうね。だから、家や家具をちっちゃくすることはない。だけど、社会の仕組みっていうのは、そういうわけにもいかないってことなんだろうな。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...