不要不急のモノゴトこそが、ボクらの本質なのかもしれない。 2023年6月10日

やっと長い長いトンネルを抜けようとしているはずだ。もちろん、パンデミックのことを言っているのだ。抜けられるはずなのに、いまだに自粛警察的なものがゼロにならないのは、どういうこsとだろうか。休日にショッピングモールなどに出かけると、多くの人がマスクをしている。そういうぼくたちも、接客をするときだけはマスクをすることが多い。一部の顔馴染みのお客さまの前でそのようなことはないのだけれど、どこかで売上に影響があるかもしれないと言う不安が残っている。

コミュニティ、つながりの希薄さ。少々思考が飛躍しているようだけれど、そういったところにも因果関係があるのじゃないかと思ってしまう。というのは、ぼくがそう思うだけなのだろうか。

ホモ・サピエンスというのは、集団を形成することで厳しい時代を生き抜いてきた生き物だという。その前提があって、機能する仕組みをいくつも試してきたのが人類の歴史そのものだ。ルソーやアダム・スミスが言うように、直接民主主義や神の見えざる手は、お互いの感情が想像できるという集団において機能すると言っていたように解釈している。

だとすると、ぼくたちはどのようにして集団を作ってきたのだろうか。一体感というと、なんだかウェットな感じがするのだけれど、案外そういうものかもしれない。共同体と言い換えても良いのだろうか。神事を行う中で、直会という共飲共食の文化があった。茅葺き屋根を葺き替えなければならない時には、金銭的な報酬などなく村のみんなで手伝った。村の道に草が伸びて使えなくならないように、それぞれに自分の時間をみつけて草をとった。日常の暮らしの中ではハレに該当するのかもしれないけれど、生活サイクルの中に共同体を形作る仕組みが組み込まれていたように思える。

共同体をつくる仕組み。と言う言葉の真意は、感情的なつがなりをもつということだ。形だけ手伝ったり協力すると言うことではなく、本質的な意味がそこにはあったのではないだろうか。それが、いつのまにか「参加しなければ村八分になる」という、所属の中のポジションを気にするように「気持ち」「解釈」が変わってしまったのだろう。

本質的な意味とは、身体感覚を通した共感、贈与だ。とぼくは思う。一緒に食事をすることは、身体感覚を通した共感。これは、オンラインでは「体験」できない感覚だ。直接触れないとしても、手を伸ばせば触れられる距離にいること。料理を取り分けたり、さしつさされつで酒を酌み交わしたりすることも、広義では「接触」に含まれるような気がする。

茅葺き屋根の葺き替えは共同作業の側面が強いが、どこか贈与という側面があると思う。その場で対価を交換することはしない。自分に返ってくるかもしれないし、返ってこないかもしれないし、他の人へ恩送りをするかもしれない。贈与を受け取った人は、受けた恩を返さないと居心地が悪い。そういう人が多数派を占めるだろう。これは、感覚でもそうなのだけれど、そのような恩返しのマインドが埋め込まれた人が生物進化的に生き残りやすかったと言える。

こうした「共感」と「贈与」は、もっともっと日常の中にたくさんあるはず。何も生み出さなくても良いから、ただ一緒にいるということでも良いのかもしれない。わかりやすくいうと、家族という人類にとっての最小コミュニティは、共感と贈与で成立している。家族と一緒に何かをする。家族のために何かをする。そこに、経済合理性に基づく交換は存在しない。そもそも、経済合理性だけで測ってしまうと、家族など持たない方が良いという論理すらも成立してしまうかもしれない。そういう意味では、経済合理性があるという理由で結婚するのは「コミュニティの形成」という意味では非合理的なのだろう。

さて、ダラダラとコミュニティのことを考えてきたのだけれど、たった今気がついたことがあるので書いてみようと思う。コミにティを支えている「つながり」を形成するものは、だいたい不要不急なのではないだろうか。

一見すると、友人と会食をすることは無くてもよさそうに見えるかもしれない。同じように、お祭りやイベントだって、無くてもよさそうに見えるかもしれない。実際に、パンデミックの最中ではこれらの事柄は「不要不急」とされ、「あった方がいいけど、別に無くてもいいよね」という認識がどこかにあったような気がするのだ。

一般的に「不要不急」だと思われていることは、経済よりももっと根本的な「社会の形成」にとって「必要不可欠な前提」を支えているのかもしれない。以前も書いたことがあるけれど、悪いことを引き起こしている「何か」は、別の良いことをも支えているかもしれない、である。

ちょっと極端な物言いに受け取られるかもしれないけれど、あえて言語化する。「そもそも人類は不要不急のモノゴトによって社会が形成されている」

今日も読んでくれてありがとうございます。一緒に遊ぼう。もっと人と会おう。食事でも飲み会でもいいし、キャンプでもイベントでもいい。そういうメッセージが今の日本には大切なんじゃないかな。遠回りかもしれないけれど、案外そんなところから社会が変わっていくことだってあると思うんだよね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

コメント
  • おはようございます。
    ニュージーランドでは、感覚的にすでにコロナは終わったものという感じで、1年ぐらい前からマスクをつけている人はほとんどいません。
    こちらでもワクチンパスポートもあったし、屋内は全てマスク着用という時もありました。
    その時に感じた違和感は、全員が顔を隠した社会とはこういうものか、と一昔前のSF映画を観るような感じで社会をながめていました。
    大人の我々にはこの3年間は長い人生の中の僅かな時間ですが、小さな子供にとっては人生の大半を、顔を隠した社会で過ごしているわけです。
    そういったことが人間にどういう影響を与えるのか、どう考えても良い方向に向かっているとは思えないのです。
    この国では普通の生活を取り戻していても、祖国日本では未だに顔を隠しているし、取り方によってはこのドタバタ劇を終わらせたくないようにも見える。
    毎日のように山に行っていて、自分の目の前の世界はこんなに平和なのに、世界は混乱を続けているというギャップにモヤモヤしているのです。
    早くこの騒動が終わって、日本に帰ってお店に行きたいです。

ほかの記事

水資源と環境保全について、いま思うこと。 2024年5月20日

課題があるからやめよう、というのは思考が短絡的だ。必要なこと、良いことをしようとするならば課題を解決する道を探ることが肝要だ。というのは、あちこちでよく聞く話。基本の基と言っても良いくらいだ。全く異論はないのだけれど、この考え方だけが常に正しいわけでもなさそうだ。...

田舎のまちづくり、あるある話 2024年4月21日

田舎に帰ってきて、そろそろ10年になる。びっくりするくらいに変わったような気もするし、特になにも変わっていないような気もする。僕自身の変化で言えば、ずいぶんとゆっくりになったかな。歩くのも遅くなったし、動きも遅くなった。チャレンジ自体はするのだけれど、結果を求めるスパンが長くなった。...

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...