「正しさ」という呪縛とクリエーション。 2024年2月12日

「利休好み」という言葉がある。茶事に関する所作や、茶器、花に料理。実際に千利休が好んだとされる趣向だったり、いかにも利休が好みそうな風情というものだったりする。なんだか、とても興味深い。

ともすると、利休好みこそが正解のように思えてしまうかもしれない。けれども、弟子の古田織部も、その継承者である小堀遠州も、それぞれに自分なりの茶の湯を展開している。師匠の教えを踏襲すること拒んでいるかのようだ。美意識というのは、そういうものなのだろう。師匠の教えを引き継ぎつつも、自分なりのものを生み出していく。だからこそ、利休好みは利休の好みなのだ。つまり、言葉通りの意味でしか無い。

実際のところは知らないのだけれど、ぼくにはそんなふうに思える。

明治時代、東洋的なものから西洋的なものへと社会がシフトさせられるとき、茶の湯は「茶道」になったし、教育であり、マナー講座のような立ち位置になった。そうでもしなければ、茶の湯を守ることが出来なかった。ただ、その結果、茶の湯の作法には「正解」が埋め込まれることになる。正解以外のことに手を伸ばしづらい環境になった。

「正しい出汁の取り方」という表現が、ぼくは好きではない。ということは、このエッセイでも何度か書いているし、たべものラジオの中でも語っている。それは、「正しさ」を定義することで「不正解」を生み出すからだ。料理に「不正解」なんてものは無いのだ。と信じている。あるのは、美味しいか美味しくないか。美味しいのであれば、それが正しくないやり方であっても、全く問題ない。むしろ、そこにこそイノベーションが起きる可能性があると信じている。「正しい〇〇」という表現が好きではない理由は、実にここにある。

「正しい」と定義されてしまう方法論は、たしかに存在している。それは、間違いと分断するものじゃなくて、「こうすると美味しくなるよ」という提示なのだと思う。その通りにやれば、概ね失敗しない。それはそれで大切なこと。茶の湯の作法も、似たようなものじゃないかと思うのだ。このようにすると、美しいよ。一旦、それを習得したら良いんじゃないかな。という提示。茶の湯は未経験なので、ぼくの想像に過ぎないのだが、そんな気がしてならない。

守破離の考え方に似ている。守を正だと定義すると、その先にいけなくなる。一方で、守はその先に進むために必要なステップでもある。どちらも大切。というか、二項対立じゃないはず。成長の段階なのだ。

ぼくなんかは、料理と真剣に向き合うようになったのが遅かったから、同年代の料理人に比べたらずっと後発になる。だから、破も離も見えていなかった。守を知らずにアレンジして、何度となく失敗したものだから、ある時心に決めたのだ。もう、徹底的に守をやる。むしろ、それだけでいい。日本料理の歴史にある、あらゆる守をやりつくすだけで、きっと一生かかるだろうから。この意識は今でも変わらない。

10年近くもこのスタンスで料理と向き合った結果、いつのまにか次のステップに足を載せていたらしい。お客様との会話の中で、どうやらそうらしいということを知った。はずれようとか破ろうとか思わなくても、自然とそうなるのだろう。押さえつけて押さえつけて、それでも顔を出してくるのが個性というものだ。と思っている。

今日も読んでくれてありがとうございます。振り返ってみて、つくづく自分を縛らなくてよかったと思うよ。もし、守に対して厳密に守ろうという意識が強かったら、きっとクリエーションとは程遠い職人になっていただろうなあ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...