どうするニッポン。水大国の行く末。 2023年7月6日

日本は水資源大国だと言われている。陸地がさほど大きくないにも関わらず、利用できる真水の量が多い。日常的にも雨がふるし、台風もあれば梅雨もある。中央山脈には雪が積もっていて、山が保水力を持っている。供給量も多いうえに、一定の保水力とろ過システムを天然で備えているからだという。

日本料理はこの水に支えられて発展してきた食文化だ。昆布出汁も鰹出汁も、日本の軟水あってこそ。発酵食品が異常とも思えるほどに多いのも、日本の気候や水に依存している部分がある。そんな日本人が一日に消費する水の量は287リットルだと国土交通省の発表にある。世界平均を上回っているのだが、それは水資源に乏しい国を含めての数値なので贅沢をしていると言って良いのかどうか。

何もしなくても水は流れて海へと注ぐ。その過程で人間が利用させてもらっている。そんなふうに考えれば、さして問題にもならないはずだ。しかし、いま問題になっているのは水循環のサイクルにおけるスピードやバランスが崩れてきていて、そろそろ真剣に考えなければならないというフェーズに突入しているということだろう。

日本は年間降雨量は世界平均の2倍ほどもある。けれども、一人あたりの降水量はさほど多いとは言えない。人口密度が高いのだ。頭数で割ってしまえばそうなる。それでもなんとかやってこれているのは、自然が保水してくれていることと海外から輸入していること挙げられるだろうか。ヴァーチャルウォーターである。

ヴァーチャルウォーターというと、食料の輸入が話題に上がる。穀物や野菜を生産するのに必要な水は、生産地の水資源に依拠している。飼料を必要とする畜産業は、飼料を育てるための水と動物を育てるための水が必要になるが、それらは日本の水資源ではない。出来上がった食材として輸入しているから、実感することは少ないと思うけれど、実に多くの水を消費している。

食料以外にも洋服は多くの水を消費して作られている。いろんな計算があるので明確な数字を提示しづらいところだが、ジーンズ1本のために必要な水は飲水に換算して7年分にも相当するらしい。綿花を育てるところから、製糸や染や縫製でかなりの水を消費している。原材料の生産工場の多くは、比較的水資源の乏しい地域にある。にも関わらず、洋服というカタチでヴァーチャルウォーターを輸入していると言い換えられるのだろう。

洋服に関しては、なるべく長く大切に使い続けることが求められるということか。アパレル業界は反発するだろうけれど、世界中で消費される水の内20%が洋服に変わっているということを考えると、経済合理性だけで考えるのは限界に近いのだろう。

日本食文化に話を戻そう。日本料理の特徴の一つに、豊かな海産物がある。魚介類を用いた食文化はたくさんあるけれど、日本のそれは群を抜いている。周囲を海に囲まれた国土は、その環境から海洋国家であると言える。

日本の豊かな漁場は、山によって作られている。日本の国土は傾斜のきつい山が大半を締めている。降り注いだ雨は、あっという間に海へと流れ込む。大陸のそれとは比べ物にならない。大陸の河川を見慣れている人が見ると、日本の河川はさながら滝のようだと表現するらしい。

この急峻な川のお陰で、山から溶け出したミネラルが海へと注ぎ込んでいる。そのおかげで近海はミネラルが豊富になり、プランクトンや貝類などが方に育つ。そして、それを求める魚たちがやってくるというサイクルだ。

じっくりと染み出している間はいいけれど、短時間で大量にミネラルが溶け出してしまうと問題がある。ミネラルが多すぎる海には赤潮が発生する。山がミネラルを蓄えるスピードよりも早くなれば、土地は枯れていく。土地が枯れれば、水が持っている栄養が減る。困るのは海と水田。

小さな山を一つ崩すだけでも、川下の漁場は変化させられるという。もし、中央山脈に穴を開けたらどの程度の影響が出るのだろう。

今日も読んでくれてありがとうございます。リニア新幹線には期待が寄せられている。ぼくもその一人だ。けれども、中央山脈に穴をうがつことには賛同しかねる。静岡県がごねている。という捉え方が一般的だし、県が主張している論理も微妙だなとは思っている。けれど、海洋資源である魚介類や、水資源を土台とした食に携わる者としては、水循環についてもっと慎重になって考えて欲しいと思う次第だ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...