ゆっくり思考することのすすめ? 2023年8月30日

SNSというものが嫌いなわけじゃないけれど、弱者だなとは感じている。苦手というか、面倒に感じてしまうのだ。思いついたことをそのまま言葉にすればよいのだろうけれど、それはほとんど毎日のようにブログに書いている。ブログのためのネタを外していくと、ほんとにどうでも良いことしか残らないのだ。

良し悪しはさておき、発信の簡単さについて思うところがあったので、言語化してみようと思う。周知の通り、SNSの登場以来、誰でも気軽に意見を表明できるようになったわけだ。これによって、少し思考時間が短くなったような気がしている。

極端な例で考えると、クレームとか批判。こうしたマイナス意見も、あまり考えること無く発信できてしまう。もし、反対意見を相手に伝える手段が手紙しかなかったらどうだろうか。ハガキか便箋を用意して書くというのは、なかなか面倒な作業だ。まず、その時点でクレームを伝えることを諦める人がいそうだ。

それでも、伝えるべき理由がある人は手紙を書くだろう。その場合には、時間が掛かる分だけ思考が丁寧になるのではないだろうか。ゆっくりと向き合う時間が強制的に発生するからね。瞬間的に条件反射のように相手を攻撃するのではなく、じっくりと向き合う。言語化して伝えようとすると、それなりに論理的な思考も求められるかも知れない。その過程で、自分自身の考えがその行動に見合ったものなのかを見直すことにもなりそうだ。よくよく考えてみたら、相手には相手の都合が有り、事情を鑑みると、クレームをつけるまでもなかった。なんてこともありそうである。

誰が言ったのか忘れてしまったのだけれど、ある落語のお師匠さんは弟子を叱るときには「明日の朝部屋に来るように」と言うようにしていたそうだ。その場で叱ると、感情にまかせて言わなくても良いことまで言ってしまうからだそうだ。少し時間を置いて、落ち着いてからじっくりと弟子と向き合うための時間が必要だ、と。

瞬発力が求められる状況ももちろんある。議論している最中などは、あまり時間をかけていられないかもしれない。ましてや、相手を論破しなくちゃいけない状況ならなおさら。スポーツのように、瞬時に状況を読んで、適切な判断を行って、それに見合った行動を起こすというのに似ている。

スポーツや格闘技では、普段のトレーニングの段階で、予めいろんな状況を想定している。突発的に発生した状況に、瞬間的に対応しているのだけれど、そのための練習を行っている。だから、臨機応変に対応する事ができるのだそうだ。格闘技だったら戦闘思考力とでも言うのだろうか。

ブログでも何でも良いのだけれど、普段から思考をじっくりゆっくりと巡らせる時間を持つというのは、もしかしたらこうしたトレーニングになっているのではないか。というのが、SNSを含めた情報発信について思うことである。

SNSは、ぼくらのつながりを広げてくれた。今までの世界だったらつながることの出来なかった人たちと繋いでくれた。とても感謝しているし、あったほうがありがたいと思っている。

その上で、どう付き合っていくかが問われ続けているわけだ。

そういう意味で、瞬間的な反応だけではなく、同時に熟考の時間を作るのも良いのではないかと思う。発信などはしなくてもいいから、時々自分自身の思考をゆっくりと文字にして整理してみる。そんな時間。

今日も読んでくれてありがとうございます。こんなことを考えているからSNSが面倒になっちゃうんだろうなぁ。もっと気楽にコミュニケーションツールとして楽しめばいいのにね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...