スマホで論文。 2024年1月21日

ちょっと聞いた話なんだけど、最近の大学生ってスマホで論文を書くってホント?全員じゃないとは思うんだけど、オジサン世代にとってはびっくり現象だ。

論文作成を「文章を書くこと」に置き換えて、分割して考えるとわからなくもないか。思いついたことをメモしておく。情報を収集する。いくつかの文章を入力しておく。などということは、ぼくも普段からスマホで行っている。最終的に長い文章を書くときには、PCを利用するのだ。

以前、何度かスマホでエッセイを書いたことがある。移動中にPCを開くのも面倒だから、ささっと済ませられて便利なのだ。けっこうな長文を書いたつもりだったのだけど、あとからPCで見返してみると、さして長くないことに驚いたのを覚えている。普段の感覚とのギャップがそうさせたのだろう。

画面の大きさ。つまり視認性や一覧性は、ぼくにとっては大切らしい。パッと見て、ある程度の情報が視界に入ること。これによって、なんとなく全体のバランスを取っていたり、構成を考えているのかもしれない。ただ、これは[ぼくの場合」の話

なにしろ、ぼくらは長らく「紙」を中心にしたインプットとアウトプットをしてきた。学校の勉強だって、見開きになっていることに慣れている。本もそうだ。デジタル版の書籍を読むこともあるのだけれど、1ページずつよりも見開きの方が、なんとなく落ち着く。合理的な理由なんかはなくて、ただなんとなく「落ち着く」のである。

もし、こうした従前の環境を体験していなかったら?もしかしたら、スマホの方が自然に感じるのかもしれない。PCのようなキーボードよりも、フリック操作の方が文字入力が早いという人もいるだろう。フリック操作に習熟していることもあるし、逆にキーボード操作に慣れていないということもある。それに、情報の記憶力が良いかもしれない。スマホのような表示は、全体のなかの一部を抜き出して見ているだけなのだけど、脳内で再構成されていることも有り得る話。そのように環境対応した個体が現れても不思議はない。というのが、生物の面白いところだ。

つまり、ぼくらの「不便そうだな」という感想は、ぼくの立場から見たものであって、スマホ環境に適応した人たちにとっては、全く当てはまらないということだ。

人間って、けっこう環境適応が下手なんだな。頭ではわかっていても、体がついていかない。本当はついていこうと思えば出来ないこともないのだろうけれど、長年の生活習慣や癖を修正するのは大変なのだ。労力もかかるし、なによりも面倒くさい。

それでも社会はどんどん変わっていく。だから、新しい世代と旧世代との間に適応のギャップが生まれるのだろう。どちらがいいとかそういう話じゃなくて、そういう構造なんだろうなって思ったという話。

人間の脳は、そこまで早い変化に対応できないというものなのだろうか。そういう仕組なのかもしれない。だとすると、けっこう頑張らないといけない。なにしろ、人類はかなり寿命が伸びたのだ。入れ替わりのサイクルが長くなった。一方で変化の速度は上がっている。ヒトという集団は環境対応のスピードが遅くなっているのに、環境の変化は早くなっている。こりゃあ、けっこうな努力が必要になりそうだ。

今日も読んでくれてありがとうございます。ぼくらが順応性を高めていくのか。それとも、社会の変化速度を落とすのか。その間をテクノロジーがつなぐことになるのか。そうそう、もし200年前だったら、ぼくはもう老境にあるのだよね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

友人との雑談からまちづくりの話。 2024年6月19日

地元の同級生に聞いた話。駅前商店街で商売をしていることから、商店街界隈のまちづくりや開発について、いろいろ思うところがあるという。先ごろも、関係各所との会合があって出席したのだけれど、周りを見渡したら自分が最年少であることに衝撃を受けたという。ほとんどの人が両親と同世代。...

なにやっている人ですか? 2024年6月18日

いろいろやっているから、自己紹介のときに困る。個別具体に説明すれば長くなってしまうし、かといって一言でまとめようとすると、うまく出来ない。先日友人から聞いた話。ざっくりとまとめると経営者なんだろうけれど、よくわかる。流動性があって雑多な業務の一つ一つに向きある。みたいなところがあるからね。...

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...