ノーミス前提の社会って厳しすぎないかな。 2023年7月15日

まだ、勉強が中心であるはずの年齢の頃。時々行われる学力テストで90点以上だったら、まず親に文句を言われることはなかった。当たり前のように高得点を取っていたのは小学生の頃までで、そこから先はあまり見ることはなかったけど。それでも、たまには良い点を取ることがあって、大抵の場合は褒められたものだ。自己評価はさておき、周りからはそう見られたという話ね。

90%も正解していれば十分。もちろん、そうはいかないこともあるけれど。学問だろうが日常生活だろうがビジネスだろうが、だいたいはそんなものだろうと思う。

でも、どういうわけか一度でもミスったら終わりみたいな空気がある。

社会や他人に対して重大な損害を与えてしまった。というのならば、それは大問題。だから、予めわかりやすく道徳なり法律なりで教えてくれているわけだ。そうじゃなくて、失言だとか考え違いだとか、ただの意見の相違だとかで、落第させようとする風潮がある気がする。

間接的に聞いた話。地域を活性化させようと頑張っていた先人がいた。その人は、色んな人を巻き込みながら、賛同を得ながら場所を作ったりメディアを作ったりしていたらしい。ぼくも、それらを直接目にしてきた。あるとき、事業がうまく行かなくなって頓挫してしまったという。

しばらくして、その人応援していた人が事業を継承している。しかし、事業に参加した人の一部からは、彼が失敗したことで被害が出たとか、乗せられて損失を出したといった言葉がこぼれたという。結果として、同じ地域を盛り上げようと思っても、もうその場所に彼の居場所は無くなっていた。ずいぶん前に街を出てしまったらしいと噂が流れた。

これ事実なんだよね。その人のことを、ぼくは直接知らないし、何があったのかも詳しくは知らない。本当に再起が出来ないほどの失敗をしたのかどうかも知らない。なのだけれど、全く再起が出来ないほどの烙印を押すというのは、よほどのことだと思うのだ。

外野から見ると、町を良くしたいと思ってチャレンジしてみた。いろいろ意見が違うということもあったかもしれないが、ちゃんと形にして挑戦を続けていた。けど、どこかで掛け違いがあったのか、事業経営がうまく行かなくて失敗した。ただそれだけのことだ。

成功していれば、いや失敗していなければ、多少は性格に癖があっても大した問題にはならない。いざ、一度でも目立つ失敗をすると、そのクセは極大化する可能性がある。人懐っこい性格は、途端にいやらしく見えてしまうかもしれない。どこかに腹黒さを感じてしまうかもしれない。

恋しているときには「アバタもエクボ」だったのが、ある時からそう見えなくなるという。一度でも嫌いになったら、かつての長所は短所にしか見えなくなるのだろうか。

間違えないように、失敗しないように。

工場みたいな場所で、とにかくミスのないモノづくりというのであれば適合なんだけどね。新しい価値って生まれそうもないんだよね。たべものラジオは、ちっちゃなメディアだから叩かれるようなことってほとんどない。だから好きなように喋らせてもらっているんだけど。「そもそも、ぼく個人の自由研究を発表している」という番組だしね。なるべく事実らしいことはそのまま歪みの内容に伝えようとは思っているのだけれど、それを完璧にこなすことなんて不可能だ。言葉は発した瞬間に意味を失い、受け取った瞬間に新たな意味を得る。ってどこかの偉い人が言ったらしい。誤読は必ず生まれるってことだね。

今日も読んでくれてありがとうございます。ちょっと違うと思う部分もあるけれど、だいたいの方向性として「良いじゃん」って思うくらいの寛容さって、あったほうが良いよね。前にも、読書をした時にこんな感覚になったことがある気がする。なんだっけな。武士道だったかな。寛容さって大事よね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

友人との雑談からまちづくりの話。 2024年6月19日

地元の同級生に聞いた話。駅前商店街で商売をしていることから、商店街界隈のまちづくりや開発について、いろいろ思うところがあるという。先ごろも、関係各所との会合があって出席したのだけれど、周りを見渡したら自分が最年少であることに衝撃を受けたという。ほとんどの人が両親と同世代。...

なにやっている人ですか? 2024年6月18日

いろいろやっているから、自己紹介のときに困る。個別具体に説明すれば長くなってしまうし、かといって一言でまとめようとすると、うまく出来ない。先日友人から聞いた話。ざっくりとまとめると経営者なんだろうけれど、よくわかる。流動性があって雑多な業務の一つ一つに向きある。みたいなところがあるからね。...

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...