マーケットをいろんなモノサシで観察してアプローチしていく。 2023年11月15日

歴史が好きな人は、歴史をネタに観光地を選ぶことが多いらしい。それはもう、マニアックなほどに詳しかったり、そうでもなかったり。歴史の教科書ではあまり紹介されないことを、既に知っていて観光地を訪れるという人もいる。一方で、歴史は好きだし、それなりに概略を知ってはいるけれど、そこまでマニアックなことは知らないという人もいる。現地を訪れることで、座学では知ることが出来ない歴史を知ったり体感することに喜びを感じるのだ。

観光発信いついて思考する時、歴史をテーマにすることもある。わかりやすいところだと、大河ドラマと連動した企画だ。ニュースにも取り上げられるので、わかりやすい。聖地巡礼の旅を楽しもうというのだ。

ビジネスライクに「歴史と観光」について戦略を考えることがある。それは、観光を仕事にしている企業もあれば、市役所の観光課、観光協会などでいろいろと情報発信や企画を考えるのだ。その時、ターゲットをセグメントに分けて考える。いわゆる歴史リテラシーの高さで分類したり、興味の強さで分類したりすることが多いのだが、果たしてそれだけで良いのかと感じている。

歴史をひとつのモノサシにして、セグメントに分ける。例えば、ピラミッド型に分布していて、グラデーションというのがわかりやすいか。マニアックな人をターゲットにすると分母が小さくなるので、もう少しマーケットを広げて考えようという考え方がある。マーケティングの手法のひとつとして、ペルソナを設定するなんてこともある。

それはそれで、良いのだろう。ただ、ぼくらは歴史だけに興味を持っていて、そのためだけに観光旅行に出かけるわけじゃない。いろんな楽しみがあって、そのうちの一つの要素に「歴史」があるというだけのことだ。

何でも良いのだけれど、歴史以外に楽しめることは各地にたくさんあるんだよね。テーマパークでもいいし、道の駅を巡るのだって良い。地域の食は、ぼくにとっても旅行の楽しみのひとつで、どこかに行けば必ず地酒を飲みたいと思っている。

以前、歴史的建造物を訪れたときのことだ。近くにいた方の話なのだけれど、その人は歴史には詳しくない。というか、あまり興味がないそうだ。しかし、建物そのものには興味があるそうで、建物を眺めては「ほうほう、なるほど」と楽しんでいる様子だった。

歴史というモノサシでは、リテラシーが高くないとされている人たちをターゲットにする。それは、なるべく広く沢山の人に訪れてもらわなければ、観光ビジネスにならないのだから、しょうがない。そうしたとき、「歴史じゃないなにか」についてリテラシーの高いひとをターゲットにするのも良いんじゃないかと思うんだ。

なにかしらのマニアックな楽しみと、歴史の楽しみとをかけ合わせる。どんな組み合わせがあるだろうか。鉄道オタク。アニメオタク。釣りキチ。ゲーム。まぁ、世の中にはたくさんの趣味がある。一見繋がりそうもないこと同士を無理やりにでも繋げてみると、案外面白いことが生まれるかも知れない。

友人が仕掛けている「TRPG先進都市計画」なんてのも、該当するだろう。世界中のゲームプレイヤーが、掛川を舞台にしたゲームをプレイする。シンプルにゲームを楽しんでいたら、なんとなく掛川の歴史を知ってしまった。なんて声もちらほら聞く。

食と歴史の組み合わせは、たべものラジオのテーマのひとつだけど、やっぱり似たような効果があるんじゃないかと思っている。食べ物のことを考えていたはずなのに、いつの間にか歴史に詳しい人になってしまう。そんな感覚。

今日も読んでくれてありがとうございます。なにしろ、ほとんどの「地方」は予算が少ない。あれもこれも、というわけにはいかないのだ。マーケットの見方を少し変えてみて、そこにアプローチしていくというのは、なかなか面白いやり方なんじゃないかな。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...

半世紀前のレシピを見て気がついた野菜のはなし。 2024年4月10日

当店では、過去に提供した献立の記録がある。といっても、その全てを記録してあるわけじゃないけれど、ざっくり半世紀におよぶ献立の記録があるのだ。前菜はどんなもので、椀物や焼き物の中身がなにか。焼き魚に添えられるものなども、大まかに書いてある。大学ノートに書いてあるから、パラパラとめくって眺められるのは...

「実は」煮物は簡単。バイアスの解除。 2024年4月6日

煮物は、難しいとか手間がかかるとか時間がかかるというイメージがあるらしい。気持ちはわからなくもないのだけれど、実際はそんなことはないのだ。鍋に水を張って、具材を煮る。で、好きなように味付けをすれば良い。炒め物のように焦がしてしまう心配も少ないし、揚げ物のように油の処理を心配する必要もない。オーブン...