一物多価という世界観の可能性。 2023年3月19日

東南アジアや中央アジアに旅行された方は体験したことがあるかもしれない。一物一価など無縁の世界がそこには広がっている。上記のようなコストの概念が適用されている場合もあるが、多くはボッタクリ根性に見える。しかし、そこには「持てるものからは対価をもらい、持たざるものには恵みを」という思想も見え隠れする。日本人が観光で訪れる場合は、現地人のそれよりもずっと高く売りつけられることがある。それは、彼らよりも日本人の方がお金を持っているケースが多いからだという。

ぼくの友人でバックパッカーとして世界中を旅した男がいる。彼は、ギリギリの貧乏旅行をしており、現地でその旨を伝えると、観光価格ではなく現地価格で食料を譲ってもらったこともあるのだそうだ。国や人種というカテゴリではなく、貧富の格差によって対応を決めているということだろう。

経済的格差で対応を決める。というと、これもまた差別のように感じるかもしれない。しかし、彼らの社会通念では当たり前なのだろう。もしかしたら割合の概念があるのかもしれない。昨今のスマホは日本ではかなり高額な商品になっている。

初任給が25万円だとして、その50%に当たる商品は高額品だ。一方で、日本円に換算して40万円以上の月給をもらうアメリカ人にとって、アイフォンは月給の3分の1以下の価格である。持っている資産の総量によって、同じ価格でも負担の大きさは異なる。これを反映させたのが一物多価の世界なのかもしれない。

もうひとつ、別の視点から見てみよう。貨幣には、いくつかの役割があるが、そのうちの一つに価値の尺度がある。物の価値を計るモノサシとしての役割のことだ。良いものや貴重なものは高く、質が低くありふれているものが安いというのは、まさにこれである。

価値には、前述のように社会的な状態によって定まる価値がある。かつて王侯貴族しか手に入れられなかったヨーロッパの砂糖は、大量生産のおかげで手頃な価格になった。これは社会的な状態によって価値が変動したケースである。

一方で、個人の直感によって定まる価値も存在している。とある人にとっては、重要でかけがえのないもの。例えば、身内の形見などはわかりやすい。関係性の薄い他人にとっては安価な腕時計であっても、それが祖父が大切にしていたものであったりすれば、当人にとっては特別なものになるだろう。市場に流通している商品であっても、ミュージシャンにとっては高額を払う価値のある楽器でも、全く興味のない人にとってはもらっても価値がない。せいぜい転売して銭に替えるくらいのものにしかならないこともある。

これらを複合的に考えると、購買層のカテゴリによって一物多価は成立する可能性がある。特定の人にとって価値を感じられるもので、その人にとっての負担割合が高くない場合。これであれば、少し高めの設定であっても喜んで購入してもらえる可能性がある。もちろん、別の価格を隠してだましうちにするのではなく、しっかりと開示して理解してもらった上でのことにはなるだろう。

数年前にタイのバンコクを訪れたときのことだ。とある有名な寺院の入場ゲートは2つのルートに分けられていた。片方はタイ国籍の人、片方は外国人旅行客のためのものだ。当然ぼくらは外国人ゲートから入場するのだが、そこでは入場チケットを購入することになる。一方で、タイ人専用ゲートを通過した友人は無料である。お寺なので、参拝の為の入場を考えてのことかもしれないが、実際に一物多価は存在していて、しかもぼくらは違和感がなかったのだ。これには、とても考えさせられることがあった。この経験があるからこそ、一物多価の可能性について考えてみようと思ったのだ。

既に、情報の流通は民主化が進んでいる。かつては情報を発信することが出来る人は、限られた特定の人だった。情報を受け取るのも、ある特定の人だけのものだった。そもそも、文字情報を読むことが出来る人は、少なかったのだ。たしかに文字は読めるけれど、読んで解釈することが出来る人は少ない。しかし、動画サイトがブロードバンドのお陰で拡散したことで、文字情報以外に情報の取得が出来るようになったのである。

インターフェイスが多様化したことで、ますます一物一価の傾向は高まる可能性がある。世界商品や準世界商品が、これらの情報の流通によって増えるかもしれない。つまり、市場が一つになるかもしれないということだ。

だとすると、である。観光や旅などのように、特定の地域を訪れるという限られたマーケットがどのように扱われるのかが気になる。世界商品を扱うのがオープンマーケットならば、見方によっては地域観光はクローズドマーケットにも見えるからだ。そこには、別の価値観の設定と、経済の仕組みを構築することも出来るかもしれない。そういう意味で、個人的に一物多価の世界観に注目しているのだ。

今日も読んでくれてありがとうございます。どういう仕組が出来るのかな。情報かと一物多価。一見相反する仕組みに見えるのだけど、組み合わせることで生まれる価値やマーケットがあると思うんだよね。たべものラジオだけじゃないけど、純粋に支援したいって思う気持ちが支援金になることってあるよね。これはあくまでも気持ちだけどさ。気持ちが価格を決めることもあるはずなんだ。だからチップ文化もあるんだし。どうしたもんかなあ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

水資源と環境保全について、いま思うこと。 2024年5月20日

課題があるからやめよう、というのは思考が短絡的だ。必要なこと、良いことをしようとするならば課題を解決する道を探ることが肝要だ。というのは、あちこちでよく聞く話。基本の基と言っても良いくらいだ。全く異論はないのだけれど、この考え方だけが常に正しいわけでもなさそうだ。...

田舎のまちづくり、あるある話 2024年4月21日

田舎に帰ってきて、そろそろ10年になる。びっくりするくらいに変わったような気もするし、特になにも変わっていないような気もする。僕自身の変化で言えば、ずいぶんとゆっくりになったかな。歩くのも遅くなったし、動きも遅くなった。チャレンジ自体はするのだけれど、結果を求めるスパンが長くなった。...

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...