声に出して読みたい日本語。 2024年6月7日

いまは昔、竹取の翁といふもの有りけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづの事に使ひけり。名をばさかきの造となむいひける。

有名な竹取物語の序文。よくわからないままに暗唱させられたのを覚えているのだけれど、覚えているのはここまで。学校の授業で取り扱った程度に読んだだけで、全部を読んだような気になっているのは、かぐや姫という物語を知っているからなんだろうな。いまでもまだ読んでいないけれど、ただの空想物語じゃないことは聞いたことがある。

さて、冒頭に挙げた文章をどんなふうに読んだだろうか。きっと心のなかで読み上げたことだろうとは思うのだけど、気をつけなくちゃいけないのはイントネーション。「標準語の音程」が多いのじゃないかな。地元の方言に近いイントネーションで読む人もいるかも知れないけれど、学生時代に暗唱させられた影響なのか、ぼくは標準語っぽい音程とリズムで読んでしまう。

最近になって気がついたのだけど、これホントは近畿地方のイントネーションで読まなくちゃいけないんじゃないかな。作者が誰かは知らないけれど、平安時代のことが描かれていて登場人物は都の人も多いから、きっと平安京の近くの人なのだろうとは思う。そもそも言葉の発音が現代語とはぜんぜん違うと言われているけれど、なんとなくイントネーションは残っている気がしている。であるならば、少なくとも近畿地方のイントネーションで読んだほうが良いのかもしれない。良いという表現がしっくりこないな。元々の演出に近い、という感覚。

近畿地方のイントネーションをマスターしているわけじゃないけれど、それっぽい雰囲気を真似して声に出してみる。いやはや、なんともリズミカルでメロディアスな文章だ。これはびっくりした。みんな知っていることなのかもしれないけれど、ぼくにとっては大発見。

現代的に楽譜に書き起こすとしたら、拍の取り方が違うように思う。ぼくの最初の認識では四拍子の一拍目に「い」がくる。で野山の「の」も一拍目。だから、「ありけり」と「野山」の間に休符がある感覚だった。けれど、イントネーションを変えてみたら、一拍目が「ま」になっちゃった。そのままの勢いで読み進めると、、「いひける」までが流れるように読める。これはまるで歌じゃないか。

こんなにも文章の切れ目、つまり休符がなくてもちゃんと文章の切れ目が聞こえてくるのは、もしかしたらメロディーのおかげなのだろうか。と勝手に妄想が進んでしまう。現代人があたりまえのようにやっている黙読というのは、明治以降に一般化したという。かつては黙読のほうが珍しくて、音読や朗読が普通。和語というのは、音にしてこそわかることも多いのかもしれない。声に出して言いたい日本語というのは、こういうことか。などと、今更ながらに驚きながらワクワクしている。枕草子も、古今和歌集も、源氏物語も、ぼくが知っているものとは違うってことだ。いや、たいして読んではいないのだけどね。

プレゼンテーションで、書いてある文章をそのまま読み上げる人がいる。正直なところ、「書いてあるなら読まなくていいよ」くらいに思っていた。要点を言って欲しい。決算書みたいに、表と数字の組み合わせの場合などは特にそうだ。たまに、スライドに文章があって、それをそのまま読み聞かせてくれる人もいる。

もしかしたら、これは古代から続く日本文化なのか。そうなの?

だとしたら、リズムとかイントネーションみたいな音楽的要素が必要なのかもしれない。硬い言葉遣いじゃなくて、日常的な口語体で喋ってもらったほうが聞き心地がよく感じることがあるけれど、それは文体の問題じゃなくて音楽要素が足りないということなのだろうか。

今日も読んでいただきありがとうございます。音読の効果って、どんなことがあるんだろうな。視読、黙読、音読、朗読。それぞれ影響が違いそうだ。冒頭の文章、電車の中で音読した人いる?明治時代には普通にいたらしいよ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...