天然肉とか狩猟採集のハイブリッドとか。 2023年7月14日

いつだったか、知人がやっているレストランのイベントに参加した時のことだ。その店はイタリアンとフレンチをベースとしていて、ジビエ料理を得意としている。どうやらジビエ料理には一定の理解が必要らしく、中には気持ち悪いとか臭いという意見もあるらしい。ちょっと珍しい野生の動物を食用にしているという程度の認識なのだろう。

人間が育てた牛や豚などのほうが良いという世界。不思議なものだと思う。鯛も鮪も、明石の天然鯛や大間の本マグロが珍重される。天然物が上位という感覚が強くあり、養殖よりも高値で取引されている。その一方で、牛豚鶏などの家畜は真逆。

言ってみれば、ジビエ料理は天然の肉を使った料理。日常で私達が口にしている肉類はほとんど養殖なのだ。

ちょっとだけ視点をかえるというか、表現を工夫するだけで全く違ったもののように見えるから不思議だ。それだけ、普段の生活は偏った世界観だという現れかもしれない。

現生人類のほとんどは、農耕文明に根ざしている。メソポタミア文明でヒトツブコムギが見つけられてからというもの、狩猟採集から徐々に遠ざかり農耕によって生活基盤を作ってきた。富、すなわち食料の備蓄が始まって、それが社会を構成する始まりになった。日本列島では、弥生文明が縄文文明を駆逐するようにして拡大した。それが農耕文明の拡大とイコールであるという。

さて、たしかに西ヨーロッパの食文化などを見るとそのように見える。中世が終わって近世に至る頃には、もうほとんど狩猟採集時代の面影などなさそうだ。けれども、なさそうに感じているのは僕たちが偏った視点で見ているからかもしれない。

日本の食文化を改めて見てみよう。米を中心とした麦や蕎麦などの穀類、大根や人参などの根菜類、コブや海苔などの海藻類、それから豊富な魚介類。これらの産物をもとに、発酵文化が多重奏的な広がりを見せている。さて、田畑で採れるものは確かに農作物であるから、農耕民族的である。しかし、後半の海藻や魚などはどうだろうか。18世紀になって海苔が養殖されるようになるまでは、海のものは天然である。養殖という発想すらない。

牛や豚を育てるのは畜産である。これも農業の一部としてカウントされている。陸上のものは植物も動物も農業で作ることが出来ると考えてきた歴史がある。一方で、海のものは植物も動物も人間の力でどうこうしようという気がなかったようだ。自然に育ったものをいただく。これは、まさしく狩猟採集そのものだ。アサリを収獲するのだって、「潮干狩り」と言うじゃないか。これもれっきとした「狩り」である。

日本の食文化は、長い間農耕文明と狩猟採集文明のハイブリッドだったと言えるのじゃないだろうか。食文化がそうであるということは、食糧生産が今よりもっと密接だった時代を考えると、文化や考え方にも影響してやしないだろうか。

ぼくらは、すっかり農耕文明の延長に生きていると思い込んでいる。だけど、実はそうでもないかもしれない。そもそも、狩猟採集と農耕とで二分することがナンセンスなのかもしれないけど、二分したとしてもグラデーションなのじゃないかと思うのだ。この地域は9割が農耕であるとか、あっちは2割が農耕であるとか。時代によっても地域によっても、いろんなバリエーションがあるかもしれない。

それは、文化的な背景がそうさせている部分もあるだろうし、地形や気候がそうさせている部分もありそうだ。いろんな文脈があって、その上にちょこんと乗っかっているのが現代社会。だから、どこかの社会の先っぽに乗っかっているような気になっていて、その文脈でもって他の地域や時代を見ようとすると、全くおかしなことになる。というような気がするんだよね。

今日も読んでくれてありがとうございます。民主主義とか資本主義とか、そういった新しい思想ってさ。これこそが理想的だ。みたいなことを言う場合があるよね。だけど、そういうのもいろんな文脈に乗っけてみると、違ったものになると思うんだ。地元流に解釈され直すでしょう。フレンチだって日本流になるんだもの。純粋コピーってのは無理なんじゃないかな。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...

半世紀前のレシピを見て気がついた野菜のはなし。 2024年4月10日

当店では、過去に提供した献立の記録がある。といっても、その全てを記録してあるわけじゃないけれど、ざっくり半世紀におよぶ献立の記録があるのだ。前菜はどんなもので、椀物や焼き物の中身がなにか。焼き魚に添えられるものなども、大まかに書いてある。大学ノートに書いてあるから、パラパラとめくって眺められるのは...

「実は」煮物は簡単。バイアスの解除。 2024年4月6日

煮物は、難しいとか手間がかかるとか時間がかかるというイメージがあるらしい。気持ちはわからなくもないのだけれど、実際はそんなことはないのだ。鍋に水を張って、具材を煮る。で、好きなように味付けをすれば良い。炒め物のように焦がしてしまう心配も少ないし、揚げ物のように油の処理を心配する必要もない。オーブン...