才能に気がつくことが出来たら、いろいろ楽しそうだ。 2022年9月6日

前の奥さんの話なんだけど、彼女はびっくりするくらいに淡々とした作業が苦にならない人だ。ホントにびっくりしたんだよ。何かの時に2時間位の待ち時間が出来ちゃったの。それで、ぼくなんかは落ち着きが無いもんだから、いろんな雑誌を手に取ったりして、とうとう近所のコンビニで本を買ってきて読んでいたんだ。けれども、彼女は身じろぎもせずにずっと同じことをしてたのだ。ケータイゲームのテトリス。まだスマホが普及する前の話ね。

そのテトリスっていうのは、通信対戦をするわけでもないし、ステージをクリアするようなものでもない。ただたた、ひたすら同じことを繰り返すだけのゲーム。言ってみれば、昔のゲームウォッチみたいなもの。それを、2時間もずっとやり続ける集中力なんて、ぼくには信じられないのだ。しかも、何も生み出さないし、何も得ることなんて無いんだから。

正直に言って呆れた。ちょっと馬鹿にしていたかもしれない。いや、彼女をではない。クリエイティブから遠そうな人たちをだ。よくもまあ毎日まったく同じ作業を繰り返していて飽きないものだ。どこかカイゼンするとか、知恵を絞るとか、そういう発想にはならないのかね。と、生意気なことを考えていたんだ。

今は、自分がどれだけ馬鹿なことを考えていたのかと思うようになった。だって、ぼくには逆立ちしたって出来ないのだ。もうホントにびっくりするくらいに続かない。工場のラインで、ひたすらバグのある個体を弾く作業をしている人がいるよね。はじめのうちは面白がってやるかもしれないけれど、1週間も続けられる自身はない。まったくもって役立たずだ。

本気で「スゲー」と思う。とんでもない集中力。ただひたすらに鼓動を打ち続ける心臓みたいなものだ。腕や指は自由に動くし、その時々でいろんな役割をする。今だって、脳の指示に従ってキーボードを叩き分けている。脳は、指示を出すこともしているし、それ以前にこうして文章を考えて生み出している。どちらもクリエイティブに見える。実際そうだろう。だけど、心臓が止まったらどちらも止まるんだよね。そういう存在なんだ。

クリエイティブな事をしている人のほうが偉い。そういう勘違いをするから、ぼくみたいに馬鹿なことを考えてしまうんだろうなあ。ただただ、特性が違うだけなのにさ。心臓が脳の代わりをすることがないように、脳が心臓の代わりを果たすことも出来ない。脳が心臓を馬鹿にするなんてことは、無意味なのだ。

こういう特性というのは、一体どこからやってくるのかさっぱり見当もつかない。遺伝子レベルかもしれないし、環境因子によるものかもしれない。占星術などで言うような運命的なものかもしれない。とにかく、個体差として違いがありそうだってことだけが表層として見えている。

見えていて、それなりに沢山の人が認めているのだから、その前提に立って協力体制を構築するのが良いのだよね。ぼくが苦手なことを、全く苦に思わない人もいるんだ。

以前、東海道シンポジウム掛川日坂宿大会を主催した。実務の部分では友人にかなり助けてもらったし、なんならぼくはあんまり仕事をしなかった印象が強い。言い出しっぺなのに、細かいスケジュールも打合せの進行も、企画の立案から修正まで、ほとんど彼がやってくれた。ぼくのほうでも彼に頼る気持ちがあるから、書類の作成なんかはお願いしちゃっていたんだよね。まぁ、何も言わなくてもドンドン進めちゃうんだけど。

ある時、彼から連絡があって○○さんに説明して協力を得たいのだけれど、難航しているって言うのね。メールやチャットツールで通じるとは思えなかったから、ぼくから電話するってことにしたんだ。サクッと電話して、時間作って会いに行って、でもって楽しく会話して帰ってくるだけ。ただそれだけのこと。ほとんど負担なし。でね、彼にOKもらったよって話したのよ。そしたら、こんな面倒なこと頼んじゃってごめんだって。いや、こちらこそ書類作ったりタイムテーブル組んだり面倒くさいことやってもらっちゃってごめんって思ってるのに。そう言ったら、そこはほとんど負担感じてないって、彼はそう言ったんだ。もうびっくり。

イベントが終わって打ち上げのとき、みんな同じようなことを言うの。あんまり協力できなかったけど、良かった。他の皆さんが頑張っているのに、自分だけ仕事できていないって。これ、スゲーことじゃないかな。ほとんどの人が、得意なことしかしていないんだよ。なのに、運営が回るって奇跡。

まぁ、実際のところは友人の彼が核になっていたと今でも思っているけどね。

今日も読んでくれてありがとうございます。ホント、みんながみんな特性を活かすだけで事業が回るっていうのが理想なんだよね。それがどれだけ難しいことか。ほら、自分の価値観で判断しちゃうから。価値観のモノサシが近い人同士で集まっちゃうんだよね。わかっちゃいるのだけれど、実際に成立させるのってなかなか難しいもんだね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...