揚げ足取りのディスコミュニケーション。2022年11月21日

発言を切り取られる。有名人の発言の一部が失言として報道される。というのは、今に始まったことではないけれどね。なんだか世知辛いよなあ。確かに、それを言っちゃあ駄目だろうということもある。けれども、しっかりと発言の全体を聞いてみると、そんなにひどくない。細かな表現については、ところどころで気になる言葉遣いもあるにはあるけれど、「伝えたい主旨」をちゃんと聞き取ると問題ないような場合もけっこう多いんだよね。

意見の分かれるところだからね。反論もあるだろうけれど。

こういった報道があると、発言した人は釈明に追われる。それは本来の意図とは違う。言葉遣いに問題があったことは認めるけれど、主旨はそこじゃない。という発信をする場合もある。先週の報道もそんな感じだったよね。

気になるのは、「閣僚であれば、発言の一部を切り取られる可能性があることを自覚して、発言には注意したい」という様な内容のセリフ。

確かに、政治家である以上はそういった覚悟が必要なのだろう。ただ、それは発信者の覚悟の話。でね。この発言を受けて、メディア側が「そうだそうだ。覚悟が足りない」というのはちょっと違う。

今回報道されたことと、その内容はちょっと横においておいて、一般論として話を展開するよ。

論旨と表現方法。これは分けて考える。発信者と受信者は、相互に理解しようとする姿勢があって、はじめてコミュニケーションが成立する。聞き手がどう感じるか、どう表現したら相手にちゃんと伝わるかを考えて発言する。そして、その意図をなるべく正確に汲み取ろういう姿勢で聞く。不明瞭だったり、表現方法がおかしかったら質問する。まずは、そういうのがコミュニケーションの基本姿勢だよね。

身の回りにある普段のコミュニケーションを想像してみたらわかる。雑談でもそうだし、何かの会合で誰かが登壇したときもそう。直接的に間接的に知っている人だったら、その傾向はなお強まる。コミュニケーションなんだからね。

で、発言の中に毒を混ぜることもあるでしょう。なんというかブラックジョークっぽいこと。あと、変にボケたり。とっさに思いついた例え話が変だったり。そんなことは日常茶飯事。話のプロフェッショナルだったら、そのあたりのことはちゃんと出来るようになるべし。という感覚もある。ただ、それは事前に話す内容を精査した場合だろう。原稿を書くとか、それなりに準備が必要なのだ。そんなことをしなくても、上手に喋れる人もいるにはいるけれど、それは才能じゃないかな。訓練も必要だし。ほとんどの人は、コミュニケーションのために事前準備をしないし、訓練もしていない。

そういうのが日常の会話。普段のコミュニケーションの中で、言葉の使い方がおかしかった場合に、そこばかりを取り上げて攻撃することを、「揚げ足取り」って言う。どうだろう。ぼくは、そんなふうに育ったんだけどね。

「発言の一部を切り取られるのが当たり前」だとすると、世の中には「揚げ足取りが必ずあるという前提で発信すべき」だということになっちゃう。それって、ちょっと歪だと思うんだ。確かに、発信者はそういうこともあるという覚悟を持って言葉選びをする必要はあるかもしれない。ただ、揚げ足取りをした張本人が、「対策をしていない方が悪い」という報道を堂々と行っているのは変じゃない?

たべものラジオは零細メディア。聞いてくださっている方々も、みなさん良い人ばかり。だから、ぼくなんかが多少言い間違いをしても優しく訂正してくれる。そこに甘えてばかりじゃいけないんだけどね。でも正直に思うんだ。世界って優しいなって。お互いに歩み寄って、コミュニケーション出来ることが嬉しいじゃない。

もし、揚げ足取りばっかりの世の中になってしまったら、それは世知辛い。世の中を知るのが辛いと書いて世知辛い。そんな世界を次の世代に残したくはないんだよね。

今日も読んでくれてありがとうございます。社会批判というほどのことじゃない。どっちが良いとか悪いとか、そういう話でもない。文化と民度の話をしている。人類は、そのコミュニケーションのほとんどを言語に頼っている。状況によっては、表情も声色も伝わらずに、文字情報だけが踊っている。

こういった状況だと、ディスコミュニケーションを起こしてしまう。という危惧があるからこそ、数多くの書籍などでは「ノンバーバルも大事」とか「メラビアンの法則」とかが語られているんだろうね。歴史上、ディスコミュニケーションのせいで大変なことになった事例はたくさんあるよ。ぼくらも学ばなくちゃね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...

半世紀前のレシピを見て気がついた野菜のはなし。 2024年4月10日

当店では、過去に提供した献立の記録がある。といっても、その全てを記録してあるわけじゃないけれど、ざっくり半世紀におよぶ献立の記録があるのだ。前菜はどんなもので、椀物や焼き物の中身がなにか。焼き魚に添えられるものなども、大まかに書いてある。大学ノートに書いてあるから、パラパラとめくって眺められるのは...

「実は」煮物は簡単。バイアスの解除。 2024年4月6日

煮物は、難しいとか手間がかかるとか時間がかかるというイメージがあるらしい。気持ちはわからなくもないのだけれど、実際はそんなことはないのだ。鍋に水を張って、具材を煮る。で、好きなように味付けをすれば良い。炒め物のように焦がしてしまう心配も少ないし、揚げ物のように油の処理を心配する必要もない。オーブン...