散歩するたべものラジオ 2022年11月14日

最近は散歩をするのも少なくなっちゃったな。時間を作れば、散歩くらい出来ないことは無いはずなんだけど、なかなか億劫でね。他にやることも多いもんだから、ついつい優先順位を下げちゃうんだ。たまには、スマホも持たずに散歩すると良いよね。

先週の話だけれど、強制的に散歩の機会が訪れた。娘の幼稚園の企画。保護者参加会といって、参観会ではなくて園児と一緒に参加する機会。従来であれば、少しイベントのような企画をして全員参加だったらしい。けれど、このご時世ではそんなことも出来ないから分散型になった。一年を通じて、数人ずつ参加する。参加する保護者の人数は、必然的に数人程度になる。そういうこともあって、特別なプログラムではなくて、幼稚園の日常にお邪魔することになった。お父さん先生って、なんだか気恥ずかしいな。

今回、保護者の参加はぼくを含めて3名。年少さんと一緒に、幼稚園から駅までお散歩する。線路の近くにある広場に行って新幹線や在来線を見る。駅へ移動して、駅前商店街を通って幼稚園に帰ってくる。およそ1時間のお散歩。

これが、衝撃的なほどに面白い散歩だったのだ。

園児の歩く速度に合わせるから、とんでもなく遅い。子どもたちは一生懸命だけれど、大人は一生懸命ゆっくり歩かないといけない。ぼくなんかは歩くのが早いほうだから、ゆっくりのほうが大変なんだよね。で、これが功を奏した。

とにかく、ゆっくりだから周りを見る時間が長いのだ。もうずいぶん昔から知っている町なのだけど、いろんなものを見つける。こんなところに、こんな建物あったっけ?見た感じでは数十年経過しているようだけど。ここにあった調剤薬局が違うお店になってるな。まずは、大人の目線で気がつくことがあった。

子どもたちは、とにかく目線が低い。低い位置から見たときにしか気が付かないこともあるらしい。ほら、木の葉っぱがキラキラしているよ。あんなところに虫がくっついている。というのは、子供がぼくらを見上げるから。ぼくらの向こう側に街路樹の葉っぱが見えるのだ。言われて振り返ると、頭上の数十センチ先に見知らぬ虫が張り付いている。普段、上を見上げて歩くことなんかない。言われてみれば、清々しい秋の晴れ空だ。

そうかと思えば、娘がぼくの手を引っ張る。振り返ると、引っ張ったのではなくしゃがんだのだ。足元に何かを見つけたらしい。ちいさなキラキラした石。ビーズよりちょっとばかり大きいくらいの欠片。ガラスかプラスチックだろう。きっと何年もその辺りを転がったのだろう。角は取れて丸くなり、小さな丸いキラキラした石のようだ。大発見かのように、それをぼくに掲げるその顔は、誇らしげだ。父ちゃん、なくさないように持ってて。

線路の脇にある広場。といっても、広場というほどのことはない。ほとんど人通りのない歩道のちょっとした空間。自動車が2台も入れば身動きが取れなくなる程度の空間。そこからは、電車がよく見える。駅が近いので、どの電車も速度を落としているのだ。駅を離れたばかりの電車が、じわりじわりと速度を上げ始める。電車が来たよー。その声に、園児たちの視線は電車へと向けられる。わぁっと手を振る。視線の先では、電車の運転手が手を振っている。

手を振る子どもたちの反対の手には、ススキやネコジャラシが握られている。ねぇ、アリさんいたよ。興味があちこちへと飛ぶのが、大人には忙しく感じるほどだ。そうこうしているうちに、わぁっと一段と高い歓声。新幹線の登場だ。滞在時間は15分ほどだろうか。こんなにも繊細で、広々と感じた小さな広場。今までにはない感覚だ。

ゆっくり歩きながら、上へ下へ右へ左へと、興味の赴くままに見て歩く。そんな景色の中に、自分なりの面白いものを見つけてははしゃぐ。見る人の身長、知識、背景が違えば、目に入る映像も違って見えるのだろう。

さらさらと流れるように過ぎていく日常も、ちょっと気をつけるだけで面白い。こんな世界の味方があったんだって、こんな綺麗なものがあったんだって。

今日も読んでくれてありがとうございます。たぶん、たべものラジオで表現したのは、こういうことなのかもしれないな。ちっちゃなエピソードを取り上げては掘り下げてみて。ねぇみんな、こんなところに面白いものがあったよ。ホントだ。あっちはどんなだろう。お散歩楽しいね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

「おしぼり」が日本独自である、そのわけ。 2024年2月24日

仕事帰りに居酒屋で一杯。差し出されたおしぼりで顔を拭いたら気持ちいいだろうな。ということは、たぶんみんな知っている。けれども、そんなことは出来ない。マナー違反だと知られているからなのか、それとも周囲の女性に冷ややかな視線を送られるのに耐えられないからなのか。とある女性の友人に言われたことが有る。「...