江戸そば流行の影にインフルエンサーあり。 2023年8月26日

落語を通して見るそばの歴史を振り返ってみる。改めて思い返してみると、本編で語れなかったことがある気がしてきたのだ。

今回のシリーズは、落語という芸能文化というフィルターを通すことで、江戸時文化を蕎麦という庶民文化から読み解くことを目指したわけだ。ただ、落語という芸能にこだわってしまい、もう少し大きな文化の流れがあることを見落としていた様に思う。

そのキーワードになるのが、大田南畝。一応中学校の歴史の教科書にも名前が載っているのだけれど、彼が何者であるのか、文化にどんな影響を与えたのかは伝わっていないようだ。名前すら覚えていないという人もいるだろう。

時代は宝暦から天明にまたがる江戸中期(1751年〜1789年)。田沼意次によるバブル時代に花開いた文化である。宝暦天明文化と称され、宝天文化と略して呼ばれることもある。この時代の有名人といえば、絵師としては伊藤若冲や円山応挙、出版文化では山東京伝や恋川春町、蔦屋重三郎の名が挙がる。知っている人にとっては有名人だけれど、歴史が苦手な人にとっては全く知られていない人の名前が並ぶ。元禄文化を代表する松尾芭蕉や近松門左衛門、井原西鶴と比べると、その知名度には差がありそうだ。

宝暦天明文化というバブル期に一時代を築いたのが、大田南畝である。蕎麦のシリーズでもちらりと名前が出たので、本編を聞いた方は覚えがあるかも知れない。実は、この時代に新たな文化を切り開いたと言われる代表格の一人なのだ。

江戸時代でも空前の好景気に沸くなか、世の中を面白おかしく表現した「狂歌」が大ブームになった。昭和のバブル時代に、ジュリアナ東京に代表される享楽的な文化が登場したのと似ているのかも知れない。「世の中は酒と女が敵なり、どうか敵にめぐりあいたい」などという可笑しみを込めた歌が知られるが、これこそ大田南畝による狂歌である。

大田南畝と言うと狂歌の大人気作家のイメージがあるのだが、他にも多くの作品を残していて、戯作という現代で言えば小説にあたる文学のなかでも、やはり面白さを織り込んだ作品が彼の真骨頂である。

昭和のバブル期にイメージを重ねるなら、その時代に大流行した音楽や映画の作者に似ているかも知れない。江戸で大田南畝を知らぬ人などいない。それだけでなく、当時の文化人や学者、経済人、武家社会に幅広い交友関係が有り、人気のインフルエンサーでもあった。現代では忘れられかけている存在になってしまったのだけど、知らぬもののいない有名人。それが大田南畝である。

高品質な蕎麦を提供することから有名になった、薮そば。その創業者の息子は大田南畝と交流があったらしい。大田南畝は、薮そばと息子を詠んだ狂歌を残している。絶大なるインフルエンサーが語るのだから、その後の薮そばの人気が高まるのは自然なことかも知れない。そうして知名度が向上した名前だからこそ、藪は多くの蕎麦屋に取り入れられる名前になったのかも知れない。

いつの時代も有名人が紹介した飲食店が知名度を得て人気を高めていくという構図は同じなのだろう。現代のようにメディアが複数に分散している時代ではないのだからなおさらだ。江戸庶民にとってのメディアは、限られていた。その世界のトップインフルエンサーの発言力はいかほどのものだっただろうか。

深大寺蕎麦もまた、大田南畝によって語られている。

今日も読んでくれてありがとうございます。蕎麦切りの流行、とりわけ有名店などの勃興においては、こうしたインフルエンサーによる情報の拡散が影響したんじゃないかな。日本の食文化の流れを見ると、ちょうどこのくらいの時期に特徴的な変化や拡散が起きているように見えるんだけど、それってメディアの発達と並走しているのかもね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

水資源と環境保全について、いま思うこと。 2024年5月20日

課題があるからやめよう、というのは思考が短絡的だ。必要なこと、良いことをしようとするならば課題を解決する道を探ることが肝要だ。というのは、あちこちでよく聞く話。基本の基と言っても良いくらいだ。全く異論はないのだけれど、この考え方だけが常に正しいわけでもなさそうだ。...

田舎のまちづくり、あるある話 2024年4月21日

田舎に帰ってきて、そろそろ10年になる。びっくりするくらいに変わったような気もするし、特になにも変わっていないような気もする。僕自身の変化で言えば、ずいぶんとゆっくりになったかな。歩くのも遅くなったし、動きも遅くなった。チャレンジ自体はするのだけれど、結果を求めるスパンが長くなった。...

消費量に上限がある食産業で、持続可能性ってどういうことだろう。 2024年4月17日

フードファイターってすごい量を食べるよね。一度に何kgも食べるのだけど、それってちゃんとエネルギーとして使ってるのかしら。よくわからないけれど、苦しそうに食べ物を食べている姿って、つくり手としてはちょっと寂しいんだ。だから、あんまり好きじゃない。...

料理の盛り付けどうやっている? 2024年4月16日

身近なところではあまり聞かなくなってきたのだけれど、身だしなみってやっぱり大切。今頃の季節は、社会人一年目の人たちが先輩や上司から言われているのだろうか。なんだか、型にはめられているようで嫌だという人もいるけれど、身だしなみというのはそういう話じゃない。キレイだとか美しいだとか、そういう感覚のもの...

民主化して広がるものと、そうではないもの。 2024年4月13日

元禄文化の最初の頃に活躍した松尾芭蕉。日本の義務教育を受けた人なら必ず聞いたことがある名前だし、有名な句のひとつやふたつくらいは諳んじられるはず。「夏草や」、「古池や」、「五月雨を」などと最初の歌いだしだけでもそれが何かわかるほど。個人的に好きなのは「海暮れて、鴨の声、ほのかに白し」。...