自分で作り出した環境に振り回されているい? 2024年1月22日

今年のフグはどうだい?毎年どこかしらで聞くセリフだ。お客様に言われることもあるし、同業者から言われることもある。そういうぼくだって、魚屋さんや漁師さんに言うことがある。フグに限らず、お茶のシーズンには同じような会話が展開されるし、他の野菜だって同様。きっと、今も昔も同じ会話がされていただろう。

毎年同じことが繰り返されているような気分になっているけれど、そんなことはない。必ず、ちょっとずつ違うのだ。そんなことを、改めて感じさせられる。

ずっとずっと古い時代。税がお金じゃなかった頃は、各地の特産品が都へと送られた。衣服や建築材、燃料などもあるけれど、食品が多く見られる。それは、もしかしたら、国を治めるために各地の状況を知る手段だったのかもしれない。確証はないけれど、そんな気もしている。

環境が変わると、ぼくらの生活は大きく変わる。長い時間軸であれば、寒冷化や温暖化、地形の変化が起きている。その度に、人類は生活そのものを変化させて対応してきたのだ。

そもそも、生物は環境変化に対応することを宿命付けられている。対応の仕方が、それぞれに違うだけ。大まかに、2つに分類されるらしい。ひとつは、遺伝子によるもの。もうひとつは、知恵によるもの。

寿命の短い種は、頻繁に代替わりをすることで体そのものを変化させて環境に対応する。人間などの寿命が長い種は、過去の記憶をもとに生活習慣を変化させることで対応するから、知恵を用いた環境適応タイプ。動物が移動するのも同じ理由らしい。これらに該当しないように見えるのは、その種にとって重要なほどの環境変化ではないのだという。詳しいことはよくわからないけれど、そういうことらしい。

時代によっては、平野に集落を作ることもあれば山地に居を構えることもある。住居だけでなく、暑ければ薄着になるし、寒ければ重ね着をしたり毛皮のようなものを着たりする。もちろん、食べ物だって環境によって変化する。食料が豊富に取れるときと、そうでない時では異なる食生活になる。獲得できるものを食べる。というのが、動物的な基本姿勢なのだろう。

ある時、人類はこのスタイルから脱却することを目指し始めた。環境に適応するのではなくて、自分たちに都合の良い環境を作り出すこと。そんなふうに見える。暑ければ生活空間を冷やすし、寒ければ温める。麦が採れないとか、米が取れないとなれば、それらを遠くから集める。あるもので対応するということから脱却して、なければ作り出すという姿勢。

その結果、科学は進展して、ついには生活環境を人間に合わせることに成功した。もちろん、地球環境そのものをいじることは出来ないけれど、生活空間を整えることだけは成功した。だから、ぼくらは快適に生活することが出来るようになったのだ。

快適になった結果、人口が増えた。増えた人口で、同じように快適な生活環境を整えるようになったら、規模が大きくなって、地球環境にまで影響を及ぼすようになった。そして、自らが変えてしまった環境に対応せざるを得ない。というのが、現在なのだろう。そんなふうに捉えられるのではないだろうか。

異なる環境で何世代も過ごすことで、多くの動物は進化して別種になっていった。現代の人類はもう数百年前の人類とは別の生き物のになっているような気持ちになってくる。知恵で対応するタイプの種であるのだから、科学や人文知識を駆使して柔軟に対応するしかないのだろう。地球が温暖化して、あらゆる環境が変化しても快適に生存できるようになること。これを遺伝子レベルで対応するには、かなりの時が必要だもの。

今日も読んでくれてありがとうございます。サッカロマイセス・セレビシエもアスペルギルス・オリゼーも、糖からアルコールを生成するんだけど、アルコールに弱いんだよね。一定の濃度を超えると、自分が作り出した環境で生きていけない。ホモ・サピエンスはそんなことにはならないようにしたい。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

「弘法筆を選ばず」が生み出すイノベーション 2024年2月17日

弘法は筆を選ばず。というが、そうとばかりも言えないんじゃないかと思っていた。確かに、達人ならばどんな道具でも人並み以上に扱える。随分と前のことだけれど、超有名ドラマーが友人のライブに飛び入り参加したことがあった。太鼓の位置や椅子の高さなどを全く変えることなくドラムを叩き始めた彼は、常人離れしたパフ...

今更だけど、バレンタインデーとチョコレートの話。 2024年2月16日

バレンタインデーが静かに通り過ぎていった。妻や娘から手作りのチョコレートをもらって、それが世の中の一大イベントの一貫であるということを忘れいていた。うまく表現ができないのだけれど、それは家族のイベントで、家族がほっこりと喜びあえるものだという感覚。...

田舎の星空と暮らしの豊かさ。 2024年2月15日

なんとなく今日は空が暗いなあ。職場と自宅の距離はほんとうに僅かなのだけれど、消灯した夜の屋外の暗さに気がつくことが有る。天気が悪いときは、案外明るく感じる。街の灯りが反射しているからだろう。田舎とは言え、少しくらいは街に明かりがあるのだ。都会ならば、もっと明るいのだろう。...

個人的な食の原点。味噌汁愛を語る。 2024年2月8日

たべものラジオの最初のシリーズは味噌汁だった。味噌ではなくて味噌汁。ある意味トリッキーなスタート。順当に進めるならば、味噌や出汁についての話が先に来る方がわかりやすいかもしれない。にも関わらず、味噌汁が最初だったのには理由がある。理由というと大げさか。思い入れがあると言ったほうが良いかもしれない。...