豊かで美しい言葉を扱えるようになりたいな。 2024年1月25日

ずいぶん若い頃、よく詩を書いていた。正確には歌詞。10代から20代の間はバンドをやっていて、オリジナル曲を演奏していた。特にちゃんと学んだわけではないけれど、好奇心とやってみたいという欲求だけで作詞作曲に挑んでいた頃があるのだ。

一緒にバンドをやっていた友人が作曲をしていたので、ぼくはもっぱら歌詞を書いた。当時、巷にあふれる音楽というものは、先に詞があって、それに音を付けていくものだと思い込んでいた。だから、暇を見つけては歌詞っぽいものをたくさん書き溜めていたのだ。

お手本は世の中に溢れかえっている。ちゃんとした音楽理論を学んだ人からすれば、遊びでしかないのだろうかれど、ぼくらには十分だった。好きなアーティストや、売れている曲を購入しては勝手にいろいろと分析しては学んでいった。

当時の流行なのだろうか。それとも、たまたまそういう曲を選んでいただけなのだろうか。「愛」という単語は、頻出語彙だったような気がする。そういえば、恋愛をテーマにした楽曲がとても多かった。今でもそうなのだろうか。それほどまでに世の中の関心事が恋愛に集中しているとも思えないのだけれど。だからこそ、一部の中年は流行音楽から距離が出来てしまうのかもしれないと勘ぐってしまう。

愛という言葉は、なんだか便利みたいだ。恋人同士でも、家族でも、親子でも愛という感情はある。みんなまとめて「愛」という言葉で表現しようと思えば出来てしまいそうな感覚もある。だけど、なんだか味気ないような気もしている。

情だとか、惚れるだとか、いとおしいとか、慈しむとか、大切に思うとか、他にもいろんな言葉で思いを表すことは出来るはず。むしろ、愛という言葉を現代のような感覚で使い始めたのは近代になってからのこと。と、高校生の頃に聞いたことがある。当時好きだった漫画に戦国武将の直江兼続が登場していた。彼の甲に掲げられた前立が「愛」の一文字であったことが不思議で、質問したのを覚えている。あれは、愛染明王の愛だそうだ。人やモノに執着することを愛染。そして、執着心から生まれる悩みや迷いから解き放って、生きとし生けるものを救済するのが愛染明王。ということらしい。

そういえば、若い頃に祖母にぽつりと言われたことがある。今どきの人たちは、何でも「スゴイ」とか「ヤバい」っていうのね。もっと本を読みなさい。素敵な表現がたくさんあるから。と。

ヤバいってうのは、元々アウトローの世界の言葉。法に触れるとか、そういうニュアンスの言葉なのだそうだ。

伝わるかどうかだけを考えれば、前後の文脈や雰囲気で伝わることもある。けれども、なんだかもったいないという気持ちもある。どう表現したら良いのかな。夏の抜けるような晴天の空の色も、冬の朝の空の色も、葛飾北斎が描く神奈川沖浪裏も、どれも青といえば青。仮に色鉛筆で絵を描くとして、青の表現が一色というのは寂しい。表現の幅が狭くなるような気がする。

会話であれば、言語以外の情報がとても多いから成り立つような気がしている。それでも会話する相手との関係性によって、様々に伝わり方が違うだろう。だからこそ、美しく多彩な表現を上手に使いこなせるようになりたいと思っている。と、そうは言いながらも語彙が少ないので、多彩な表現が出来ないのがもどかしいのだけれど。

今日も読んでくれてありがとうございます。大人になってから恩師と会話をする機会があったんだけどね。会話の所々で理解できない単語があって、腰を折ることしばしば。先生の伝えたいニュアンスを適切に表した熟語も、他の言葉に置き換えるととても長くなってしまうという体験をしたんだ。かといって、あんまり知られていない単語ばかりを使っていても、伝わらないっていうこともあるんだよね。と、本を読みながら頭を抱えることもしばしばです。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...