五感を使った情報のインプット。 2024年6月11日

料理を味わっているんじゃなくて、情報を味わっている。なんてことを言われるようになった。言われるようになったと「変化」に気がついているのは、実はぼくじゃなくて両親である。ぼくよりも30年近く長く生きているだけなのだけれど、その間におきたことなんだろうね。

情報や物語を楽しむという文化は、ずいぶんと昔からあったと思う。映画武士の献立で有名になった舟木伝内の逸話にも登場するし、茶道を大成した千利休の思想にもある。現代の情報かとちょっと違うのは、情報の受け取り方だろう。

たべものラジオをやっているぼくが言うのもおかしな話だけれど、食に関する情報は文字などで得ることが多い。産地はどこで、どんな人が作っていて、どんな思いが込められているのか。それをどんな思いがあって、どんな工夫をして調理しているのか。雑誌でも動画でもWebサイトでも、こうした情報が多く並んでいる。食文化の歴史を紹介しているものは少数派になるだろうね。まぁ、少数派だからたべものラジオを聞いてもらえているのだろうけど。

物語を楽しむという意味で、個人的には「情報を味わう」ということに対して肯定的に捉えている。ただ、同時に片手落ちだなぁ、とも感じている。

情報って、文字からだけで得るものじゃないと思うんだ。五感を通して体の中に入ってきたものも情報なんじゃないかな。味はもちろん、見た目、香りなどいろんな情報があるでしょう。そうしたたくさんの情報の中からも、いろんな物語を想像することが出来ると思うんだ。

いつだったか、お土産に「武蔵野うどん」を頂いたことがあった。色が濃くて、太くて、すごくコシが強い。ちょうどたべものラジオで蕎麦を配信していた頃だったから、武蔵野うどんをチョイスしてくれたんだろうと思う。麺自体がはっきりと味を主張してくる。コシが強いから噛み締めなくちゃいけなくて、さらに麺の味を長く感じることになる。こういう主張がわかると、作りての思いも、その地域に伝わる文化もなんとなく透けて感じられるように思えたんだ。裏作で作られた麦が豊富だったんだろうな。内陸なのに塩気が強いのは、流通がよい地域だったんだな。ついクセで歴史文化に思考が寄っていってしまうのだけれど、いろいろと「感じる」ことはある。

太陽の光を浴びる。森の中に足を踏み入れてみる。足元の草に手を触れてみる。手についた土の匂いを嗅ぐ。料理というのは、誰か人の手による情報が含まれているという意味で、「現物」と「意図」の中間に位置するんだと思う。繋ぐというか、橋渡しのような存在。これは、そうであって欲しいなという希望があるから、そう思うんだろうけどね。

文字情報は、現物から得た情報を体系化したもの。情報化済みと言い換えられるだろう。それ自体が意味がないということではなくて、現物とのつながりを感じることも一方で大切なことなのだ。情報を味わうときには、きちんと五感を働かせて現物にまっすぐ触れる。そんな感覚をもっている。

五感を通して現物から感じ取ること。現代社会では放って置くと、その機会が少なくなっているように見える。一方で、情報化された情報は生活の中で勝手に触れることになる。例えば、親が子供に対して教えなくても勝手にゲームやコンピューターに触れて馴染んでいくようにね。だから、機会が少ないところへと子供の頃にいざなうことが大切なのじゃないかな。大人になったら距離ができてしまうようなこと。もう、山の中を走り回る体力もないし、枝を折って何かを作って、日が暮れるまで秘密基地を作るなんてこと、やらないからね。でも、子供の頃にはやったんだ。五感を通じて入力する感度を養っておくっていう話。

今日も読んでいただきありがとうございます。こういうことを書くと、脱現代社会みたいな主張のように聞こえるし、そう捉えられるかもしれない。懐古主義っぽいことを言いたいんじゃなくて、ちょっと偏っているからバランスを取ったほうが良さそうだぞ、と言いたい。もし、もっと自然中心に偏っていたら逆のことを言うだろうからね。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...