ゴミがゴミになるとき。その境界線。 2024年6月9日

ゴミって、誰かが「いらないもの」と「決めた」ときにはじめてゴミになる。そして、ゴミだと定義されたときから、なぜか「汚れ」とされる。汚いというのは言い過ぎな気がするけれど、清浄ではないものくらいの感覚。全てとは言わないけれど、食品に関してそのように扱われることがある。

例えば、生ゴミを鍋や電子レンジを使って加熱する。それは生ゴミのカサや重量を減らしたい、微生物が分解しやすいようにしたいなどの理由で行われる。そういう話をすると、「ゴミを鍋にいれるの?なんか汚い…」というような反応が返ってくることがある。ついさっきまでまな板の上に乗っていたり、皿の上に乗っていたりしたもの。つまり、直前までは食材として扱われていたものなんだけどな。

ゴミと一口に言っても、種類がある。可燃ごみや金属などといった分類もあるのだけれど、状態による段階みたいなものもあるんだろうな。

食べられなくはないけれど、味が悪かったり硬すぎたりして食用としては相応しくないと判断されるもの。りんごの芯とか、魚のヒレとか。で、調理の過程で排除される場合もあれば、食べ残される場合もある。包丁でりんごの芯を取り除くのか、丸かじりして残すのかって感じだね。

これがゴミ箱に入れられたとき、何と触れるかというのもポイントになるのか。数時間前にゴミ袋に入れられた魚のハラワタの上にのったりんごの皮。これはどうだろう。すぐに取り出して洗えば食べられそうだ。でも、しばらくして雑菌が繁殖してしまったら衛生上問題があるな。

とまぁ、こんな具合に事細かに見ていけば、ゴミがゴミとなるには段階のようなものが存在するだろうと想像できる。食材がゴミと認識される「境界線」とでも表現しようか。で、境界線が人それぞれだから「それ、ゴミにしちゃうの?」ということもある。ぼくにとっては「食材」なんだけど、その人にとっては「ゴミ」。むろん、その逆だってある。

境界線をもう少しひろく考えてみる。

スーパーマーケットでも当たり前のように「魚のアラ」が売られている。頭やカマや中骨の部分ね。日本人の多くは、それを食材だと認識していると思う。じゃあ、「エビの頭」だけがいっぱい詰められたパックを見たらどう感じるだろう。常識的に理屈で考えれば、食べられるし調理したら美味しそうだということになるのだろうけど、パッと見た瞬間に「ちょっと気持ち悪い」とか「グロい」と感じる人もいるのじゃないだろうか。

さすがに「ゴミと認識」するほどのことではないだろうけど、境目のように感じる人だっている。それも仕方ないかもしれない。実際にエビの頭は食べ残されたり、調理工程で取り去られたりして、ゴミ箱にいくことがほとんどだから。

本膳料理や会席料理は、いまでは「ハレ」の食事。お客様には良いところをお出しして、そうではない部分は家人がいただくもの。という観念がある。だからお客様から見れば、提供されない部分がどうなっていったのかはわからないし、もしかしたら「いらないもの」つまり「ゴミ」と認識されることすらもあるのかもしれない。そんなバカなと思うかもしれないけれど、魚のアラの煮付けを提供したところお叱りを頂いたこともあるし、エビや魚の頭や玉ねぎの皮で出汁を取ったと言ったら怪訝な顔をされたこともある。もちろん一部の人ではあるけれど、ゼロではないということだ。

ゴミと認識する境界線。これを統一するのは難しいだろうけれど、これからの食糧問題やゴミ問題を考えるうえでは、心に留めて置く必要があるんだろうな。人間にとってはゴミでも、微生物にとってはごちそうだったり、昆虫にとっては快適な住処になったりするじゃない。広く捉えると、誰からも見向きもされないゴミってほとんど無いのかな。

今日も読んでいただきありがとうございます。アラとか血合いとか内蔵とか、そういうところってホントは美味しいんだよね。少なくともぼくは好き。で、ホントに食べられないところ以外は食材を使い切ったら、達成感のような満足感のような心地よさがあるんだよ。そうすると、ちゃんと「ありがとう」って気持ちになる。使い切らないときは「ごめん」だ。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...