道って、ホントに便利でありがたい。 2024年6月8日

レシピ本を参考にして料理を作るとき、父にこう言われたことがある。はじめのうちは、なるべく同じ人のレシピ本だけを見たほうがいい。当初はピンとこなかったのだけれど、しばらくしてから意味がわかってきた。

料理には茶道や華道、剣道や柔道みたいに「道」という言葉が使われることが少ない。無いことはないかもしれないけれど、それはコピーのように使われていて、確立したジャンルのように扱われることは少ない気がする。

いま、剣道と入力して変換したら県道と出てきて、修正したわけだけれど。道という字を使っている点では同じだ。もともとは道教で説かれるように、自然の摂理みたいな意味で使っていたのだろうか。でもまぁ、その道をたどればどこかにたどり着くという意味では、やっぱり同じ「道」なんじゃないかとは思うわけだ。

道っていうのは、同じ道を通れば同じ場所にたどり着くものだ。戦国時代の地図を見るとよく分かるけれど、道が整備される前は本当に移動が大変だっただろうと思う。道がないから、自分たちで枝を払って、躓いたり転んだりしながらなんとか進んでいく。そういう行軍をしていたわけだ。屈強な兵たちだし、集団だからこそなんとな進軍できたということもあるんじゃないかな。それに比べて、「東海道を下り続ければ必ず江戸に着く」といのは、なんとも便利でありがたい。迷わなくて良いからね。しかも、鍛え抜かれた兵士じゃなくても、一般人だって頑張れば道を進むことが出来る。

ベテランのドライバーも、プロのドライバーも、初心者のドライバーも同じ道を通っていて、目的地にたどり着く。ちゃんと地図があって、ルールを守っていれば大丈夫。ちゃんと東京へ行けるんだ。

茶道や華道も、同じなんだろうな。同じ道を行く。だから、まずはその道を使って目的地へとたどり着くところから始めるということで、それは地図を手に入れるっていうのと似ているのかもしれない。個性を発揮するとか、そういうのはその後に考えたらいいんだよっていうのが根底にあるのだろう。守破離っていう考え方は、こういうところから出ているのかもね。

目的地にたどり着くためには、いろんな道があって、交通手段だっていろいろある。というのが、流派のようなものかもしれない。目的地へと早くつくことが優先かもしれないし、景色の良いところを選んで進むのが良いかもしれないし、じっくりと行程を味わうことを大切にしているかもしれない。思想というかクセというか、そういうのがあって、賛同する人達によって流派というのが生まれている。なんて言ったら叱られるかな。なんとなくそんな気がするっていうだけなんだけど。

料理には道というものが無いように見えるのだけれど、きっと似たようなものがあるんじゃないかな。ただ、あまりにも多様性が高すぎて「料理道」というまとまりのある体系化されたものが生まれにくいのかもしれない。流派がたくさんあるし、勝手に流派を名乗るのだってできちゃうからどんどん増えていく。

会席料理というジャンルに絞り込んで、道を進む。ある程度の目的地にたどり着くためには、あれこれといろんな流派をちょっとずつかじっているよりも、一つの流派で修練を積んだほうが良い。ある程度熟達していったら、いろんなものを取り入れていく。そんなイメージ。だから、職人はある程度のレベルに達するまで一人の親方に師事するんだろうなぁ。冒頭の父のセリフはこれを言っていたんだと思う。

今日も読んでいただきありがとうございます。この考え方って、うまくなりたいっていうモチベーションがあるというのが前提なんだよね。手っ取り早く美味しい料理を作りたいっていうのには向いていない。レシピ本って、それぞれに対応したカタチで存在していて、一般的には後者のほうが多いイメージかな。

記事をシェア
ご感想お待ちしております!

ほかの記事

環境から受ける影響が大きい。と改めて考える。 2024年6月16日

地形や環境が変わる。歴史を勉強していると、こうした自然現象がその後の社会に影響した事例を見かける。自然現象だけでなく、人間が自然を改変したことで、のちの時代に影響を残すということもみられる。半世紀ほどの間に顕在化している温暖化も、その事例の一つだ。...

掛川三城物語③

掛川の南部にある横須賀城は、戦国の城としては珍しい。櫓はわずかに3つしかない平城。もし、ここが戦闘の現場になったらどれほどの防御力を示しただろうか。それなりの機能を備えて入るものの、掛川城や高天神城などのように難攻不落とは言い難いかもしれない。...

掛川三城物語② 2024年6月14日

明治時代、剣豪中條景明の陣頭指揮によって牧ノ原台地は大茶園への道のりを歩み始めた。現在でも一面に広がる茶園を眺めることが出来るし、眼下には雄大に流れる大井川と島田の町並みが広がっている。ふじのくに茶の都ミュージアムがこの地にあるのは、そういった歴史があるからなのだが、ミュージアムから少し西へ行った...

掛川三城物語① 2024年6月13日

静岡県掛川市には、3つの城がある。細かなことを言えば、他にもいろんな史跡があるのだけれど、現在一般に知られているのは、掛川城、高天神城、横須賀城。平成の大合併によって、この3つの城は掛川市なのだけれど、それ以前なら掛川市、大東町、大須賀町のシンボルだった。それぞれの城は、築かれた年代や役割が違うの...

まちづくり、の人づくり 2024年6月12日

ずいぶんと前のことだけれど、市内のアートイベントの手伝いをしたことがある。知人の知人。ぼくよりも年長の方が地元でまちなか現代アート展を開催するという。掛川市という小さな町から更に郊外。昔懐かしい風情の残る宿場で、生活感あふれる地域だ。直接お話を伺ってみると、実務というよりもアドバイザー的なことを望...